居住空間を大きく取るか?それとも収納スペースを大きく取るか?

マイホーム設計をする際に、悩む方も少なくありません。

今回は「収納」について考察していきたいと思います。

まずマイホームを設計するとき、大抵の方が限られた空間で間取りを決定していかれると思います。

リビングは広く作りたい、寝室は最低8畳以上は欲しい、寝室は収納スペースを優先して居住スペースは狭くても良いなど、ご家族の生活スタイルにあった設計をされるでしょう。

では収納が不足した家はどういったデメリットが考えられるでしょうか?

まず収納スペースが不足した場合に考えられるのが、荷物が収納できずに家の中が片付かないことが考えれます。

その結果、室内が常に散らかった状態では生活に支障が生じるため、タンスや棚など後付の収納家具を設置することになるでしょう。

収納家具により室内は一応きれいに片付くでしょうが、備え付けの収納を使用した場合と比較したらどうでしょうか?

新築収納は室内の景観を損ねないことが大きなメリットとなりますが、後々購入した収納家具ではやはり見劣りすることが多くなるのではないでしょうか?

また家具の面積分、居住空間が削られてしまうことになります。

そして天井高まである家具でなければ、家具の上部はデッドスペースになってしまいます。

さらに家具が倒れないように地震対策が必要となりますので、新築収納は多くアドバンテージを有していると言えるでしょう。

つまり設計段階で収納を削ってしまい、結局は収納家具を買う羽目になってしまっては本末転倒です。

では実生活で収納が不足した場合に起こりうることを3つほど想定してみましょう。

まず、家のでは入り口である玄関から見ていきましょう。

例えば玄関にシューズボックスがなかった場合、雑然と靴は脱ぎ散らかされた状態になり、見た目的にも非常に不快に感じるのではないでしょうか。

また来客があったときに、その状況をみたお客さんはきっと驚かれるでしょうし、家主も恥ずかしく感じるのはないでしょうか。

その結果、シューズボックスを設置することになるでしょうが、やはり新築収納のシューズボックスほどきれいに収まりがあるものを購入することは難しいでしょう。

寝室はどうでしょうか?

寝室は寝る以外にも着替えや出かける準備を行う場所として使う方も多い部屋です。

そのため衣服やバッグ、装飾品など多くのアイテムを収納する必要がある部屋となります。

洋服ダンスを置いて対応することも可能ですが、寝ているときに地震で家具が倒れきたら大惨事になる恐れがあります。

そのためクローゼットやウォークインクローゼットなどといった新築収納が有効になるのではないでしょうか。

そして最後にトレイを考えてみたいと思います。

トイレはトイレットペーパーや清掃用品など意外とかさばるものを常時置いておく必要があります。

見た目的にもそうですが、機能的にもこういった必要なものは収納してリラックスできるスペースを確保しておきたいものです。

もともとそんなに広い空間ではないトイレだからこそ、雑然と物が散らかっていては落ち着かない空間になってしまいます。

そうならないためにもやはり新築収納があると便利でしょう。

当然いまご紹介した以外にも多くの場所で、収納が不足による不都合はあると思います。

つまり生活してから後悔しないためにも、しっかりと収納スペースを考慮したマイホーム設計が大切なのです。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。