記事の詳細

日当たりが心配な部屋に天窓をつけたはいいが、「実際に暮らしみるとこんなはずではなかった」と天窓の不満を口にされる方がすくなくありません。

その不満は思った以上に日当たりが良くなかったという不満ではなく、その反対で日当たりが良すぎることから起こる不満だったりするのです。

日当たりが悪いよりも日当たりが良いほうが快適な生活を送れると考えて天窓を設置するのでしょうが、天窓にもデメリットがあるのは事実なのです。

ここでは天窓について考察していきたいと思います。

天窓のメリット

まず天窓の効果(メリット)についてみていきましょう。

何と言っても日当たりが確保できることが一番のメリットであり、天窓を設置する目的と考えていいかもしれません。

また天窓は通常の窓の採光率と比較した場合、なんと3倍もの効果が見込めるというのです。

また日当たりが良いと室内が明るくなり、また室温も暖かくなります。冬であれば暖かく天然の暖房にさえなるでしょう。また照明にかかる電気代や暖房費の節約にもつながるでしょう。

また開閉できる天窓であれば、開放することで風通しを良くすることも可能です。

室内から開放した天窓から見える空を眺める、とてもここち良いシーンが思う浮かぶのではないでしょか?







天窓のデメリット

しかし夏になるとこれは一変します。敢えて暖かくなると書きましたが、夏になれば暑くなりすぎてしまうことがあるのです。

つまり天窓のメリットがデメリットになるのです。熱くなりすぎて冷房が必須の状況になってしまうのです。

しかし最近の天窓には断熱効果の高い素材が使われているため、こういった状況になることもあまりないようです。

また最近は、天窓を利用して家全体の空気の流れ(通気性)を良くして、空気の入れ替えを行うことが可能になりました。

かなり進化していますので、今までの天窓の固定概念は捨てて考えたほうが良いかもしれません。

ただし雨音については、まだまだ改良の余地があるようです。多少の雨であれば気になることはないのでしょうが、大雨の場合はそうはいかないようです。

そのため音に敏感な方は、寝室に使う部屋に天窓は不向きと言えるかもしれません。

もうひとつ天窓のデメリットと考えされるのが掃除のしづらさです。

天井に設置されているため、脚立などにのって掃除を行う必要があり、さらに脚立で対応できないような場所(服抜けや階段途中にあるような天窓)にある天窓は掃除自体不可能になってしまいます。

そのため清掃できるような位置に天窓を設計すると良いかもしれません。

まだ自動清掃機能が付いた天窓は存在しないかもしれませんが、もしかしたら近い将来そういった機能が付いたものが登場するかもしれませんが・・・。

このように天窓にはメリットとデメリットがありますが、技術の進歩により少し前まではデメリットであったことがすでに解消されているケースもあります。

そのため自分の家にはどういった天窓が適しているかをしっかりと調査して、どこに設置するのがベストなのかを設計士と話し合うことが重要となるのです。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。







関連記事

ページ上部へ戻る