戸建てであれば2箇所、マンションであれば1箇所設置されているのが、現在のトイレ事情だと思います。

そして使用頻度を見ても最も使われる水回りの設備です。さらにファミリー層の住宅の場合、水の使用量も浴室よりもトイレが一番多いというデータが出ています。

それでは今回はトイレの位置について考察していこうと思います。

まずトイレを設置するのに適した場所はどこになるでのでしょうか?

トイレを使用していて気になるのが匂いと音です。

このことを考慮すると、人が集まる場所の近くに設置することは不向きと言えるかもしれません。

つまりリビングから出入りするトイレが該当します。

では玄関付近はどうでしょうか?

玄関の場合、人の出入りはありますが、頻繁に出入りがある状況は一日のうちに、仕事や学校に出かける時間がかぶる朝くらいのものでしょう。

と考えると、玄関付近にトイレを設置するのは「あり」と言えるかもしれません。

ただし玄関がリビングから離れている場合は、不便を感じることがあるかもしれません。

もうひとつ玄関付近にトイレを設置することに、私が実際に体験したデメリットがあります。

それはトイレに入っているときに、来客があった場合です。

玄関で立ち話などされた日には、リラックスしてトイレに入っていれません。

つまり来客が多い家の場合、玄関付近はトイレに適さない場所になってしまうのです。

次に寝室の隣はどうでしょうか?

だれかの部屋がひとつ犠牲なってしまいますが、換気が確保できる場所であれば他人に気遣うこともなく使用できるため、実は適した場所に思えます。

深夜、早朝に使用されると水を流れる音が気になるため、こういった時間に一番多く使う人の部屋の隣に設置すれば、音の問題もなくなります。

いくつかトレイを設置する場所に適するケース、そうでないケースをご紹介してきましたが、実は人によって状況が反対になってしまうこともあります。

例えばAさんには適して場所だが、Bさんには適さないといったように、同じ場所でも評価が一変してしまうことがあるのです。

そのため、おのおの家族構成や生活パターンにあった適所を探さなくてはならないのです。

そのためトイレの位置は家族全員の生活パターンと、来客の有無などの外的要因をしっかり考慮して設計するをお勧めします。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。