フローリングの張替えには大きく2つの方法があります。

1つは自分で行うというものであり、もう1つは業者に依頼するといった方法です。

自分で張替えを行うのであれば、価格的には安くすませることができますが、どうしても見た目が汚くなってしまう部分はあるでしょう。

また業者に依頼をして張替えしてもらうのなら、きれいな仕上がりに期待がもてますが価格的には高くなってしまうはずです。

ここではフローリングの張替えを業者に依頼することについて考えてみましょう。

5分でリフォームの疑問や悩みが解決!

リフォーム

フローリングの張替え

フローリング

基本的にフローリングの張替えには熟練した技術が必要になります。

最近ではDIYを趣味にしている人も多く、自分は手先が器用だからうまくできるのでは?と思っている方もいるかもしれません。

しかし、フローリングの張替えは素人が一朝一夕で真似できるものではなく、最悪のケースでは床がきしんで剥がれてくることもあるようです。

また細かい作業も多く、どうしても壁際などの部分で失敗してしまうことも少なくありません。

こうしたリスクを負うのを考えると、やはり「餅は餅屋」、フローリング張替業者に依頼する方が良いと言えます。

また業者に依頼をする大きなメリットとして、下地が傷んでいるかどうかを確認できる点があげられます。

フローリング材というのは直接貼り付けをしているのではなく、下地を介して貼られているものだと考えてください。この下地が傷んでしまっていると、せっかくフローリングを張替えしたとしても、後から問題が出てきてしまうのです。

ですので、最初から下地の張替えもコミで考えているのなら別ですが、しっかりとしたプロの目線でチェックをしてくれるという点でも業者に依頼するメリットはあるでしょう。




フローリングの張替を依頼するメリット

施工業者

さらにもう1つのメリットととして、業者が作業に要する日数はおおよそ1日程度で、すべて作業を済ませることができる点があります。もちろん広すぎるフローリンや特殊な形状のものなどは例外となります。

素人工事ではどうしても時間がかかってしまって、よくても1日で1部屋を終わらせるのが限界でしょう。

しかし業者の場合は家全体の施行を1日で終わらせることも可能なので、非常に時間が短くてすみます。

また不具合などが起こった場合も、アフターサービスがついている点も見逃せません。

業者もさまざまではありますが、アフターサービスの充実に力を入れているところも多いので、自分で工事して取り返しのつかないことになることを考えると業者に依頼をすることがトータルの費用も安くなるかもしれません。

また業者選びは慎重に行い、施工実績やアフタフォローがしっかり明記されている業者を選ぶことが大切です。

特にリフォームの中でもフローリングの張替えは一般的であり、多くのリフォーム会社で行われていますので、比較検討して費用面だけではなく、施工後のサービス内容もしっかり確認して依頼しましょう。

5分でリフォームの疑問や悩みが解決!

リフォーム