記事の詳細

住宅の内装の雰囲気を決めるのに重要なのがフローリングです。

フローリング1つで家全体の雰囲気が変わってくるため、リフォームや新築をする時のフローリングの選択には特に慎重に行わなくてはなりません。

なぜならフローリングは容易に張替えを行えるものでないので、このとき選択ミスがあれば後々大きな後悔につながります。

ではフローリングと一口に言ってもさまざま種類がありますので、代表的なものを紹介していきましょう。

フローリングの種類

フローリング

まずフローリング材は大きくわけると2つあります。

1つは合板、複合板と呼ばれるタイプで、もう1つはムク材と呼ばれるタイプです。

ムク材とは単層フローリングと呼ばれるもので、合板のように複数の板をあわせたものではなく1枚の板で構成されています。

複合フローリングよりも高価なものが多いのですが、多彩な種類から選ぶことができ、天然の木が使われていることから、香りや雰囲気を楽しむことができるでしょう。

経年変化を楽しむことができる素材ではありますが、小まめな手入れをしなくてはいけないのも特長です。

また種類によって価格もマチマチではあるのですが、全体的に見て高価であるのは間違いありません。




複合フローリング

フローリング

対して複合フローリングですが、こちらは一般的にフローリングといった時に使われるものだと考えてください。

複合フローリングはムク材よりも性能が低いから安価であるといったイメージを持つ人も多いようですが、そんなことはありません。

特に近年のフローリングはその化粧板につかわれる塗料などの性能が高くなっており、耐久性などが飛躍的に向上していると言って良いでしょう。

また価格的にもムク材よりは安価になっていますので、非常にコストパフォマンスに優れたフローリングです。

部屋の用途によって使い分けることができるのも複合フローリングの特長なのですが、その分ムク材のような風合いを楽しむことができません。

一般的にフローリングを導入する時には、コスト面からも複合フローリングを選択する人が多いようです。

複合フローリングの場合、さらに塗装や使われている化粧板の違いからいくつかの種類があります。代表的なのはミディアム系と呼ばれるものでしょう。

木が本来持っている色味に近く調整されたフローリングであり、最も商品バリエーションの多いタイプです。汚れやゴミなどが目立ちにくく、幅広い用途に利用することができるでしょう。

清潔感を出したい時にはホワイト系と呼ばれるものがお勧めです。

大理石調のものやタイル調のものが代表的ですが、部屋そのものを明るく見せることができるタイプだと言えます。

ホワイト系の反対になるのが、ダーク系と呼ばれるフローリングです。

黒っぽい色の床色にすることができるので、大人の雰囲気を出したお洒落な床材を使いたい時にはお勧めできます。

ホワイト系、ダーク系のどちらにも言えるのですが、家具を選ぶ時には部屋の雰囲気にあったものを選ばないと、かなり浮いてしまうので注意が必要です。

5分でリフォームの疑問や悩みが解決!

リフォーム

関連記事

ページ上部へ戻る