内装やインテリアのポイント

インテリア

内装やインテリアのポイントは、やはりその部屋に適したものを選択していくことからはじめるべきです。

例えば湿気の多い場所に湿気への耐性がない素材を使っても素材の魅力を活かすことはできないばかりか、機能自体に支障をきたしかねません。

適材適所という言葉を意識しながら、内装やインテリアについて考えていきましょう。

リビングの内装やインテリア

リビングは、住まいの中でも長時間過ごす、家族団欒の場所になります。またリビングに来客を通すということもあるでしょう。

人から見られて恥ずかしくないような内装、インテリアであることはもちろん、自分たちがくつろげるような空間であるべきです。

明るい内装やシンプルなインテリアを心がけるようにしましょう。

また食事をする場所でもあるため、床などは汚れを落としやすい素材であることが望ましいです。

掃除のしやすさもポイントにしていきたいものです。

5分でリフォームの疑問や悩みが解決!

リフォーム

寝室の内装やインテリア

寝室の内装やインテリアに関しては、とにかく落ち着いたものです。寝室というのはくつろぐ場所でもありますし、睡眠をとる場所です。

興奮してしまうような内装やインテリアになると睡眠の質にも関係してきます。

普段からあまり人を入れるスペースではありませんので、狭くなりすぎない範囲内で必要だと思うものがあればどんどん置いていっていいでしょう。




和室の内装やインテリア

和室

和洋折衷という言葉がありますが、和室に関しては和で統一したほうがいいでしょう。

内装は和紙や土壁などを採用していくといいでしょうし、インテリアに関しても和風なものがいいでしょう。

ただ和室においてはインテリアはあまり増やさないほうがいいです。特にの上に何かを置くのは避けたいものです。

和室にはテーブルと照明くらいのインテリアで十分なのです。




浴室・洗面所の内装やインテリア

浴室や洗面所に関して考えるべきは、やはり水や湿気です。

住まいには適材適所にいろいろな素材が使われていますが、その多くは水や湿気に弱いものです。水や湿気によって早く劣化してしまうということもあります。

特に水や湿気の多い浴室ですから耐水性に優れた水に強い素材を選択していくべきです。

また水や湿気で滑りやすくなることもありますので、滑りにくい素材であること、掃除がしやすい素材であることも大切です。

細かなところにこだわるのはいいのですが、裸で無防備な姿になりますので鋭利なパーツのあるインテリアは避けたほうがいいでしょう。安全で快適に過ごせるような浴室を意識していきましょう。

5分でリフォームの疑問や悩みが解決!

リフォーム

内装・インテリア

  • 大人のためマイホームにはこだわりの内装が必要。

    日本における家族の構成は、それぞれの時代によって少しずつ変化してきてました。 まず戦後間もない時代においては、第一次ベビーブームが始まり、第一次ベビーブームの影響によって、一家族が5人以上といった、大家族が多くなりました。 この時代に生まれたのが、いわゆる団塊の世代と呼ばれる…

  • マイホームこだわりの内装の成功例

    一昔前では通常は1階をリビングにする場合が多かったのですが、最近では2階にリビングを設置する方が増えてきています。 リビングを2階にすることによって周囲の視線を気にする必要も減り、自由にくつろげる空間を確保することが可能となるのです。 また日当たりを考慮しても、1階のリビング…

  • こだわりたいマイホームの内装・インテリア

    内装とは室内の床、幅木、腰壁、壁、回縁、天井材などの仕上げ、室内装飾のカーテンや家具、照明器具、設備などの要素が含まれ、インテリアとしての分野で知られています。 これらは建て主の予算や考え方、基本的な和風や洋風、その折衷などの外観要素によっても決められる場合もあります。 中に…

ページ上部へ戻る