記事の詳細

内装とは室内の床、幅木、腰壁、壁、回縁、天井材などの仕上げ、室内装飾のカーテンや家具、照明器具、設備などの要素が含まれ、インテリアとしての分野で知られています。

これらは建て主の予算や考え方、基本的な和風や洋風、その折衷などの外観要素によっても決められる場合もあります。

中には建築基準法によって台所回りのように防火面で下地や仕上げ材の制限を受ける場合もあります。

マイホームにおいてはこだわりの内装にしたい場合もあります。

スタイルにはモダン、ナチュラル、シンプル、クール、クラシック、エレガント、カントリー、アジアン、和風などのスタイルがあり統一感を持った内装にすることが出来ます。

多種多彩の内装

内装

モダンとは飾り気のない直線的なデザインでまとめられたもので家具はシンプルかつ高級感のある斬新なデザインや色合いのものを選ぶと良いとされています。

ベースとなる色は赤・黒・ホワイトなどのモノトーン基調となっているものです。北欧やヨーロピアン、和モダンと呼ばれるものもあります。

ナチュラルは木の質感を見せ、ベージュとかアイボリーなどの色調を基本とした自然で明るい雰囲気を作り出すものです。

家具も木製のものを使い、観葉植物などを配する場合もあります。中にはシンプルやレトロ風のものもあります。

シンプルとはプラスチックやスチール、ボード板などの近代的な素材が使われるもので飽きの来ないスタイルのものです。

クールは石材やガラス、スチールなどの素材が使われモノトーンを基調とした家具が配されるものです。都会的な感じでブラインドなどが使われます。

クラシックと呼ばれるものがありヨーロッパの格調高い優雅な様式を取り入れたものです。テーブルや椅子の脚には装飾デザインが施され家具や小物もこれに統一されるものです。

エレガントと呼ばれるスタイルがあり、シンプルで上品、かつ優雅さを備えたもので家具は装飾のないものが選ばれます。

カントリーはホワイトとブラウンを使ったヨーロピアンのものや南仏の田舎風の懐かしい感じのものになります。アメリカンカントリーはパイン材が家具に使われ実用的かつ質素・素朴、かつ温かみを持つものです。

アジアンというものがあります。竹・藤・麻などの素材が使われ現地の民芸家具などを配すると合うものです。

和風のものは和室に現代的な味付けが行われたものです。和風モダンと呼ばれるものがあり、すだれなどが使われたり、洋風の要素を取り入れたりすることもあります。

現代風和風と呼ばれるものは和風インテリアに現代的な味付けを行うものです。

マイホームではこれらの中からあるスタイルに統一したり、部屋によってこれらの要素を取り入れたり、あるいは玄関の床材に高級石材を貼るとか部分的ににこだわりの内装を施すことも出来ます。

内装の種類は多種多様です。まずはご自分の意向にあう内装を選ぶことからはじめましょう。
同時に、機能性も忘れずにチェックしましょう。







こだわりすぎた失敗例

内装失敗例

機能面、実用性などを考慮せずにデザイン性や見た目のみを追及した場合、実際に生活したときになって初めて気付く失敗があります。

それでは実際にどのような失敗例があるのかみていきましょう。

  1. 天井を高くしたはいいが、照明の取替えが自分では行うことができずに、交換のたびに業者に依頼しなくてはならない。
  2. 天井を高くしたため、天井の高さにあわせたカーテンが必要だが、想像以上に費用が高かった。
  3. 前面床暖房を導入したが、光熱費が想像以上にかかってしまい、活用しきれていない。
    ・猫用の出入り口を作ったが、まったく使われず冬になると隙間風で寒い。
  4. 木製のウッドデッキを設置したが、床が腐ってしまって使えなくなった。
  5. キッチンの広さに合わないアイランドキッチンを設置してしまった。

失敗例は多くみられます。

実際の生活にそった内装を選ぶことが理想ですが、生活前に注文するため完全なイメージを掴むことは難しいかもしれません。

自分のこだわりを主張するだけではなく、設計段階でしっかりと設計士に相談しましょう。

設計士の意見をしっかり理解して取り入れて、その中で自分のこだわりに見合う選択をすることが重要なのです。







関連記事

ページ上部へ戻る