記事の詳細

一昔前では通常は1階をリビングにする場合が多かったのですが、最近では2階にリビングを設置する方が増えてきています。

リビングを2階にすることによって周囲の視線を気にする必要も減り、自由にくつろげる空間を確保することが可能となるのです。

また日当たりを考慮しても、1階のリビングに比較して、圧倒的に日当たりがよくなることが見込めるのです。

しかし夏は2階の方が暑くなる事が多いため、夏は冷房費用は割高になる傾向にあります。ただし冬は暖かく暖房費を節約できるメリットもあります。

こういった点では北国の方におすすめできる内装といえるかもしれません。

リビングを2階にするメリット

リビング

2階にリビングを作るメリットはプライバシーの確保、日当たりの確保が考えられます。

光熱費に関しては夏は高く、冬は安くすむため夏は暑すぎず、冬は寒いといった地域にはメリットが多いといえます。

また、豪雪地帯の雪国では1階が雪で埋まって外にでれず、日当たりが確保できないような状況でも、2階にリビングがあれば日当たりの確保ができるといったメリットもあります。

ただし高齢になった時の階段の上り下りはデメリットとなることがあります。







広々リビングを確保

ドラマに出てくるような広いリビングを設計する場合、おしゃれな間仕切りを作っておくことでリビングの汎用性は広がります。

普段はオープンにしておいて、来客により間仕切りをしめて空間をコントロールすることが可能です。

また冷暖房が必要なシーズンは、間仕切りを閉めて必要な広さの部屋で生活することで、光熱費の節約にもつながります。

間仕切りをうまく活用することで、リビングを快適空間にしましょう。

また壁に収納を確保することですっきり広々としたリビングになります。

和室と畳

和室

近年は減りつつある畳の部屋を一室でも確保しておくと、気分を落ち着かせたり、急な来客時に寝室として活用することも可能となります。

また障子、ふすまなどにもこだわりをもつとより和室の趣が出てきます。

畳の部屋は心理学的にも精神安定の効果があると一説では唱えられているため、リラックスするための部屋として活用するのもいいかもしれません。

畳のメリット

畳は部屋の湿気対策に有効で、室内を適度な湿度に保つ性質があります。

また断熱性にも優れている上、防音効果まであるというスーパー素材なのです。

小さな子どもがいるご家庭ではフローリングよりも、和室で遊ばせることで、騒音問題と転倒したときの怪我のリスクも低くなるためおすすめとなります。

さらに掘りごたつ、囲炉裏などを設置ことでさらに和室を日常的に活用できる部屋にすることができます。

便利な床下収納

キッチンの床に広めの収納を作ると、キッチンペーパーやアルミホイル、ティッシュペーパーや洗剤等の便利なストック場所になります。

これらの生活用品は毎日消費するため、収納庫に大量にストックしておく事によって、その一つ一つを都度購入する手間と時間を節約できるからです。

防災グッズのストックに

防災グッズをストックするにも、床下収納は非常に便利です。設置費用も安いため、費用対効果が高い設備といえるでしょう。

最近では床蔵として基礎部分を高く設計して、1階床下部分を収納として活用することも可能です。

「天井高1.4m以内」「1階の床面積の2分の1以内」であれば床面積に算入する必要がなく、これを活用すれば容積率以上の家を作ることができます。







関連記事

ページ上部へ戻る