記事の詳細

和室に掘りごたつ

掘りごたつ

一般的にこたつと言うとコタツテーブルを設置する形になるのですが、実は掘りごたつを取り入れる選択も捨てがたいものがあります。

最近ではリフォームをして掘りごたつを和室に取り入れたいという方も多くいるようで、じわじわ流行っていると言って良いかもしれません。

掘りごたつの魅力は何と言っても、足を伸ばせるため姿勢が楽であるという点でしょう。

床に座るスタイルですが、掘りごたつの場合は足を入れることで椅子に座っているのと同じ状態にすることができます。

特に高齢者の方ですと、一般的なこたつのスタイルでは腰や膝が痛くなってしまうというケースも多く、掘りごたつに魅力を感じる人も少なくありません。

また床座りのスタイルというのは天井を高くすることにもつながるので、同じスペースでもあっても住空間を広く感じることができます。

夏には座卓としても使えますし、子供の遊び場になることもしばしばあります。つまり掘りごたつは生活の様々なシーンで生活を豊かにするものかもしれません。







和室以外にも合う掘りごたつ

特に最近では和室だけではなく、洋室にもあう掘りごたつも販売されているほど、豊富な種類から掘りごたつを選択することができます。

中でも和室に取り入れる時にお勧めしておきたいのが、足元に設置するヒーターをリモコンで操作できるタイプのものです。完全にワイヤレスで操作できますので、わざわざ掘りごたつの中に入っていく必要がありません。

また温度の制御機能などがついており、省エネにこだわったものもありますので、光熱費が気になるといった人にもお勧めしておきます。

夏場には座卓として使用できるタイプ、床を塞いでしまって普通に使うことができるタイプと色々とありますので、自分の使い方などとあわせて検討してみてください。

掘りごたつのリフォーム

コタツリフォーム

掘りごたつのリフォームをするのなら1つ注意しておきたいことがあります。

それは冬に間に合わせたいのなら、早めに業者に連絡を入れることです。

部屋の設置だけではなく、掘りごたつの使い勝手なども考慮すると、入念な打ち合わせは欠かせないものでしょう。

すぐにすぐと言って工事にかかれるものではありませんし、リフォームをした後で悔やむことになっても意味がありませんので、焦らずに時間をかけて打ち合わせできる余裕を見ておくべきです。

また、掘りごたつだけではなく、和室そのもののリフォームも視野に入れているのなら、照明や床材なども含めてしっかりと検討した方が良いでしょう。

いくらアフターサービスがついている業者だと言っても、そもそものプランニングが気に入らないでは責任が取れませんので、その点は注意しておいてください。







関連記事

ページ上部へ戻る