和室は日本の気候とマッチ

和室

最近ではリフォームや新築住宅を建てるのに和室を選ぶ人は少なくなっています。

しかし、和室は実に機能的な面を持っていて、洋風の部屋にはない良さを沢山持っています。

そもそも高温多湿で、寒暖の差も大きな日本の気候にあわせた作りになっているのが和室です。

そしてその大きなカギを握っているのが畳なのです。

和室のメリット

では具体的に和室を選ぶメリットを考えていきましょう。

まず和室は夏は涼しく、冬は暖かくを実現している点があげられます。

これは畳に理由があるのですが、断熱性や保湿性だけではなく、調湿性にも優れているという特長があり、室内の温度や湿度を自動的に調節してくれます。

この効果によって、和室というのは快適に過ごせるようになっているのです。

またクッション性が高い上に、防音効果もありますので実はマンションなどの共有住宅でも和室を作るメリットはあると言えます。

和室という構造は無理であっても、フローリングの上に畳を敷くだけで随分違ってきますので、小さなお子さんがいる家庭にはお勧めです。

他にもホルムアルデヒドや空気中のゴミなどを吸着するという効果もあるので、畳1つあればアレルギーなどを軽減できる可能性があるのです。

和室ならではのメリットとしては部屋の用途を限定しないところでしょう。

洋室の場合はベッドなど家具を部屋の中で固定することが多いので、どうしても用途が限定されてきます。

しかし、和室の場合は布団の上げ下ろしをするだけでスペースを大きく使うことも可能ですし、わざわざ椅子を置かなくてもそのまま座ってくつろぐことが可能です。

座卓や座椅子などを使うのも良いですし、非常に幅広く利用できるので、1つ和室を作っておくことで利便性が高まると言えます。







おしゃれな和室

和室

和室と言うとダサいというイメージを持つ人も少なくありません。

しかし、実際には和室でもインテリアなどをしっかりと選ぶことで、お洒落な空間に変えることができます。

いわゆる和モダンというようなタイプであったり、現代的なインテイリアと合わせることで異空間的な演出をすることも可能です。

シンプルに作られている分、むしろ洋室よりもデザイン面では可能性があると言っても良く、和室を好む若年層も増えているのは実情でしょう。

デザイン面、実用面、機能面、どれをとっても和室は日本にあったものであり、洋室にはないメリットを得ることができます。

和室という響きだけで敬遠する人もいますが、しっかりと手を入れることでお洒落でありながら機能的な部屋を作ることが可能です。