和室の照明

照明

畳のある和室にあわせる照明は実に幅広い選択肢があります。

面白みに欠けた無難な選択ではありますが、一般的な照明を使うのも悪くはありません。

しかし折角の畳があるのならそれにあわせた照明を選ぶことで、さらに部屋の雰囲気を良くすることができるはずです。

モダン派VS伝統派

まずモダンな演出をしたいのなら畳とはギャップを狙った方が良いかもしれません。

北欧系のデザイン照明に多いのですが、近未来的な形をしたものがあります。

照明としてだけではなく、そのままオブジェとしても使えるような物なのですが、洋室にしか合わないと思いきや、意外と畳のある部屋ともマッチするのです。

特に日本人デザイナーがデザインした照明については、洋室や和室といった関係なくピッタリはまるものが多くあります。

ですので、ちょっとモダンな照明が欲しいといった時には畳に合わせると考えるのではなく、そのものがお洒落というデザインを購入すると良いかもしれません。

伝統的な和室という意味で畳にあう照明となると、ランプを利用するのも良いでしょう。

天井から吊り下げる照明ではなく、ランプを利用することで空間を演出することにもつながります。部屋の中そのものにも陰影を作ることができ、昔ながらの和室といった風情を楽しめるのではないでしょうか。

ではランプを選ぶ時のポイントですが、ランプシェードがどんなものかで大きく変わってきます。

お勧めなのは和紙で作られたランプシェードです。和紙を通してあたたかみのある光が漏れてくるのが特長なのですが、和紙と畳との相性は言うまでもないでしょう。

多少尖ったデザインのものを選んでも良いですが、できれば和紙のランプシェードでも落ちついたものを選ぶとハズレがありません。







間接照明

間接照明

また最近では間接照明を使うという手段もあります。

直接的な照明器具だけではなく、間接照明を使うことでより畳を叙情的に演出することができるので、和室の照明としても問題ないでしょう。

間接照明が流行ったことから様々なタイプのものが販売されていますので、利用してみることをお勧めします。

もう1つ忘れてはいけないのが行灯です。

昔ながらの蝋燭を使ったものというのはなかなか入手することは難しいですし、あっても火事が怖いので使いにくいという人も多いでしょう。

しかし、最近では行灯もLEDが使われる時代であり、火事の心配をすることなく利用できるタイプもあるようです。

時代劇などでも見る組み合わせですので、畳との相性もバッチリだと言えます。