記事の詳細

和室の壁紙

和室壁紙

和室のリフォームをする時には壁紙も選びも慎重に行う必要があります。

基本的には落ちついた風合いのものを選んでおけば間違いないと考える人も多いのですが、実は畳の色が変わると壁紙が浮いてしまうこともあるのです。

そこで畳にピッタリある壁紙について考えていきましょう。

ホワイト系

基本的にどんな畳とでも合うのがホワイト系の壁紙です。

部屋の内装を明るく見せるといった効果があるだけではなく、部屋そのものを清潔な空間にも見せてくれる効果が期待できます。

畳の色合いとしてもグリーン系、黄土色タイプのどちらでもあわせることができるので、非常に使いやすい壁紙の1つだと言えるでしょう。

また障子の紙色と壁紙の色味が合うことから、部屋に統一感が出るというのも強みかもしれません。

この場合、部屋に置く座卓などの色を黒系にしてしまうと、コントラストがきき過ぎることもあるので注意しておきましょう。

基本的には畳の色と壁紙の色は同系色つながりにしておくと収まりが良くなります。







オレンジ系

壁紙

壁紙の色をホワイト系から暖色であるオレンジ系にしてみるのも良いでしょう。

オレンジ系と言っても、原色そのままのカラーではなくもっと落ちついた感じでの壁紙です。全体的な色味としてはブラウン系に近いのですが、日が当たることによって赤みがかかった色に見えることからオレンジ系とされています。

この壁紙の場合、部屋の雰囲気としてはかなりスマートに落ち着くという感じでしょう。

和室でありながらもモダンな雰囲気を出すことができるので、お洒落な和室が好みという人にはお勧めの壁紙かもしれません。

畳の色合い的にも相性が良く、落ちついていながらも雅な雰囲気を出せるのが特長になります。

グリーン系

特に畳の色合いがグリーン系のものですと、お互いに色を引き立てあって、夏にはピッタリの相性かもしれません。

反面で冬場になると、あたたかみに欠けてしまう部分もあるので、その点は一長一短だと言えるでしょう。

ブルー系

壁紙

最後に思い切ってブルー系の壁紙も紹介しておきます。

こちらも上で触れたオレンジ系と同様にブルーと言っても、真っ青な青空といった色合いではありません。色味としてはくすんだ空といったような感じで、どちらかと言うと灰色に近い部分があるでしょう。

明るい灰色に青色の色味をまぜたという感じで想像すると良いかもしれません。

この場合、和室全体がかなりさわやかな感じになるはずです。

ちなみにですが、上であげたオレンジ系ですが、赤色をかなり多くしたものの場合はブルー系とは逆にあたたかみのある部屋になります。

畳との相性も良いので、一考の余地はあるかもしれません。







関連記事

ページ上部へ戻る