工夫と後悔

予算・スペースなどの制約がまったくない状態で、キッチンを選ぶことができればうまくいくことも多いでしょう。

しかしこういった方は少数かもしれません。

そこでこのページでは、二人の方が実際に制約がある中でどういった工夫をおこない、どういったキッチンを選んだのかを体験談として紹介しています。

同じような状況の方も多いと思いますので、参考になる部分は是非取り入れて活用下さい。

キッチンを選ぶポイント

  1. 掃除のしやすさは重要。
  2. キッチンパネルの素材選びは大切です。
  3. 節約する・お金を惜しまないのメリハリは大事。
  4. 家族の意見は重要。だれが一番使うのかがもっと重要。



シンプルで工夫しやすいキッチン

余計なものがないキッチンだったので、100円均一で揃えたもので工夫しました。

まずは一番よく使う菜箸、おたまなどを置く場所がなく、さらにタオル類をかける場所もありませんでした。

ただスペースはあったので、つっぱり棒で工夫しました。さらにキッチンと冷蔵庫までの動線上、スペースがあまりにもあったので腰くらいの棚を置くことで、スーパーから帰った後の一時的な物置にしました。

その他、微妙に余ってしまった隙間は全て高さなどの調整が効くスチールの棚を購入しました。

掃除と収納

また私のキッチンのお気に入りの点をげるとすれば、掃除のしやすさです。毎日、終わった後にしっかりきれいにしていていれば、年末に必死に掃除をする必要がありません。

1点このキッチンの欠点を上げるとすれば、収納を工夫できるちょっとした工夫がないということです。キッチンの壁がマグネットであれば、さらに工夫しやすいキッチンだったのではと思っています。

最近のマンションや建売住宅の場合、オプションではなく最初から食器洗い機がついてるキッチンも多いですが、人によっては使用頻度が少なく食器洗い機は必須ではなく、入居者の希望を聞いてから取り付けることができればと感じます。

その他キッチン周りにはあまりものを置くことなく、置いたとしても移動しやすい工夫をすることで快適な毎日を過ごすことができます。

全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

制約が多い間取りで選んだキッチン

そもそも私が嫁に来たときには、既に2世帯住居ができていてキッチンになる場所も決まっていました。

リビングの一角で250cm×250cmくらいのスペースしかありません。この狭い空間にシステムキッチンと食器棚、冷蔵庫を配置するとなると、システムキッチンはL字型で180cm×180cmのものしか選択肢がありませんでした。

そこからまずは、その大きさのシステムキッチンを扱っているメーカーを探しました。次にデザイン。結局購入したのはTOTO製のものでした。

180cm×180cmでも、食洗器を組み込むとか、L字コーナー部分は回転式収納か、普通の棚か、など細かい所で自分好みにカスタマイズできるのが良かったです。

このサイズでも食洗器も付けれて、収納もたっぷりで使い勝手も良く満足しています。

狭い空間ながらパズルを組み込むように、冷蔵庫と食器棚もピッタリと収まっています。

妥協した素材選び

後悔しているとすれば、キッチンのパネルの素材です。私は光沢のないものを選んだのですが、濡れたタオルがかかっている部分だけ、薄く黒ずんでいます。カビです。おまけにパネルの色がホワイトなので余計に目立ちます。

この点はお金を掛けてでも、お値段が一番高いツルツルの素材にしておけば、タオルがあたる部分でもカビなかったと思います。そこだけが悔やまれます。




手入れが楽で長持ちが基本

キッチンは、毎日使うのでいかに手入れが楽で、そして長く使い続けていけるかがとても重要です。

わが家は、新築の時にシステムキッチンを導入しました。建築の予算に組み込まれていたので、自分達で好きなキッチンメーカーは選ぶことが出来ませんでした。

ですが、調理台とシンクの部分だけは選択肢がありました。ステンレスにするのか、人造大理石か主人とかなりもめましたが、結局シンクはステンレスにして、調理台は人造大理石に決めました。

人造大理石はデザイン性は確かに優れていますが、実際に使ってみると機能性は全くありません。

熱い鍋等は直に置くと、人造大理石部分が損傷する可能性があると言われました。そのため、仕方なく鍋敷き等を常に置いて使わなくてはならないので、はっきり言って不便です。

その点、ステンレスは熱にも汚れにも強く、耐久性があるので長く使えます。

やはりステンレスが良かった

主人がオールステンレスにしてしまうと、見た目がかなり寒々しいからダメだと言うことでしたが、今思えば何がなんでもステンレスにしておくべきだったとかなり後悔をしています。

キッチンは、1度取り付けてしまえばなかなか変えられないので、本当に慎重に選んだ方が良いです。私はリフォームする時は、絶対ステンレスにします。