食洗機ってどう?

食洗機を使われている5名の方の食洗機を使っている感想などをまとめてみました。

これから食洗機付きのキッチンを導入しようか考えている方、もってるけどうまく使えていない方は是非参考にしてみては如何でしょうか?

食洗機で時間も水道代も節約

食洗機を使っている人は多いのではないでしょうか。またキッチンに備え付けられているけど、使っていないという人もいるでしょうか。

食洗機は、使い方次第で、とても便利です。特に冬場は、手があかぎれになったりしますね。その手で食器を洗うのはとても辛いです。

使い方のコツとしては、食洗機に食器を入れる前に軽くゆすぐことです。きれいに洗う必要はありません。

油がたくさん付いていたり、ご飯粒が付いていたら、それを軽く洗い流すだけでいいです。

そして食器の入れ方も大事です。あまり重ならないように工夫して入れます。それぞれの食器の間に少しすき間を空けて入れます。

デメリットは、入れ方が悪いと洗えない部分ができることです。油が残ってヌルヌルしていたりすることがあります。

こういう時の原因は、食器をたくさん入れすぎたか、重なっていたりした時がほとんどです。

それに気をつければ、たいていのものはきれいに洗えます。食洗機は、受け皿があって、そこに洗いカスが溜まるようになっています。

それを定期的にきれいに洗う必要があります。

あとは、内部の配管などの汚れが気になりますが、配管も一緒に掃除できる洗剤もあります。それを使えば安心です。







水道代の節約

食洗機のメリットは、水道代が節約できることです。手で洗うよりも、水の量は5分の1ですみます。水道代が高いと気にしている人は、ぜひ使った方がいいです。

また、オール電化の住宅の場合は、午後11時から作動させることで電気代も3分の1ですみます。夜まで食器を溜めておいて、11時になってから作動させるといいです。

コンパクト食洗機の上手な使い方

私は今賃貸のマンションに住んでいます。部屋も特別大きいわけではなく、普通のよくある2LDKです。

そのためキッチンの広さも一軒家に比べるととても狭く、そんな中、食洗機を置くスペースを考えて、コンパクト食洗機を設置しました。

最初はそんなに食器が入らないのかと思いましたが、使ってみると非常に便利で、今ではかかせない存在になっています。

私は夫と子どもの3人暮らしですが、3人分の食器くらいなら食洗機だけで、ほぼ洗えてしまいます。

片付けの流れとしては、まず取り皿やコップなどを食洗機にお願いして、あとは食洗機に入らなかった大きなお皿などを手洗いするだけなので、できました。

また、私は手洗いするとき、スポンジがアワアワになっていないとちゃんと洗えていない気がして、いつも洗剤をつけ過ぎてしまいます。

その分余計に洗剤代と流す水道代が多くかかってしまいます。

節約に繋がるメリット

しかし、食洗機はもともと手洗いするよりできるとの事で、アワアワにしないと汚れ落ちが心配な私にとってはまさに一石二鳥以上の効果がありました。

また、手洗いする時間が短くなった分、手荒れすることも以前よりマシになりました。節約、節水で、家計にも地球にも優しくなりました。

手洗いする時間が短くなった分、手荒れすることも以前よりマシになりました。節約、節水で、家計にも地球にも優しくなりました。







食洗機を使ってガラスの器がピカピカ

我が家では食洗機を、朝晩1日に2回使って居ます。朝はお弁当作りで使った調理器具と朝食で使った食器類をまとめて洗います。

夜は食洗機で洗えるタイプのお弁当箱と、夕飯で使った食器や、包丁、菜箸等まとめて洗って乾燥が済んでもそのまま朝まで開けないで置きます。

虫や、埃の心配が無いまま保管出来て良いと思います。

メリットとしては、食洗機を使うことによって、水道代が1年間で手洗いするより3万円ほど節約出来ます。

と、販売店の方に言われたことです。

実際、どの食洗機もそうなのかは分からないのですが、我が家の物は使い始めて3年目に成りますが、水道代の節約に成っていると感じています。

デメリットと言えば、音が少しうるさく感じるくらいのことしかありません。

メンテナンスは、汚れに気付いた時に、キッチン用のアルコールでふき取るくらいです。

あまり気に成る時は、部品を取り外してブラシなどで洗いますが、あまり頻繁には掃除もしなくて良いと思います。

それと、私は手荒れがとても酷くて、食器洗いは長い間、つらい思いをしていましたので、食洗機を使うようになってからはとても助かって居ます。

沢山の洗い物が1度に済みますし、洗い物の時間を他の家事に使えますので、得をした感じです。

ピカピカの食器

ガラスの器は、手洗いだと水跡が残るので改めて拭かないといけませんが、そんな手間もいらなくて何時もピカピカの食器が使えて良いです。

食洗機を使う前の一手間が大切

私が食洗機を使う時は、まずは汚れが酷いものは、先に汚い油汚れなどは洗い流してから入れます。箸なども同じです。

そうする事により食洗機の洗い終わりの後の中の食べかすの残りが出ないようにします。せっかく綺麗に洗っても食べかすが沢山出るし食洗機の掃除も手間がかかります。

デメリットは機械なので故障になりやすい所です。

お皿を並べるスタンドを一々外して掃除をしないといけない所も面倒になります。食洗機洗いの洗剤が高くてすぐになくなる所もデメリットだと思います。

食洗機の掃除は最初にお皿を並べるスタンドまで全て外して中のゴミを取り除き軽く回りの汚れを拭いて落とします。ヌルヌルはやっぱりありますから手で拭いたほうが良いと思います。

そしたらスタンドを装着して、いつも食洗機を使う時の運転を始めます。一通り終わると中を開けて確認して水気を拭いて終わりです。家では毎日は使わないようにしています。

食洗機のメリットは自分の家事労働が減って、食洗機で洗ってる間に他の家事が出来ます。手荒れも少なくなり嬉しいです。お皿の数が多い夕飯後に使用して朝と昼は手洗いにしています。

メンテナンスは大切

機械なので三ヶ月に一度はメンテナスをしてもらうほうが安心なのでおすすめします。

私なりの食洗機の使い方

私は、冬になると手荒れがひどいので、食洗機を使用しています。

なぜならあかぎれが出来て痛いからです。しかし食洗機を使ってからは、あかぎれができなくなりました。

食洗機をきれいに使いたいので、入れる前には食器の汚れは軽く落としておきます。

油汚れなど、汚れがひどい時は古新聞で軽く拭いておきます。食べ残しも流しておきます。ボールにためた、つけ置きの水で軽くゆすぐ程度です。

食器は同じものを続けて均等に入れていきます。私の家の食洗機は、出来るだけ立てて入れた方がきれいになります。

デメリットは、時間がかかることです。すぐに使いたいときには困ってしまいす。子供は気に入った食器を使いたがります。洗っている途中で、使いたがるので困ってしまいます。

そして、少量のときは、もったいない気がします。

食洗機のメンテナンスは、乾いた布巾で食洗機内を軽く拭きます。食洗機を使い終わってすぐの暖かい状態のときに拭くときれいになります。メ

リットは、乾かすとこまでしてくれるので楽です。洗い物がたくさんあるときは、特に便利に使っています。自分の時間ができることがうれしいです。きれいに洗えるので、使いやすいです。

やっぱり水道代の節約

食洗機の方が、手洗いよりも水を使う量が少なくて済むので、水道代を節約できます。