記事の詳細

食器洗浄機について

食洗機というと便利だとする人もいれば、なかなか使わないという人の2つに意見が別れることが多いモノかもしれません。

後者の意見になる人というのは、単身で住んでいる人であったり、家族の人数が少ない人に多いと言っても良いでしょう。

前者の場合は、小さなお子さんがいる家庭や、家族の人数が多い家庭に多く見られます。

どうしてここまで意見に食い違いが出るのかというと、洗い物の量によって食洗機を使うまたは使うまでもないと判断が分かれるケースが多いからでしょう。

進化した食器洗浄機

しかし、最近の食洗機というのはかなり進化を遂げています。

家族の多い人であったり、小さなお子さんがいる家庭では食洗機が役立つのは、当然のことでしょう。

食事の後に洗うことになる食器の数が多い時だけではなく、小さなお子さんがいるご家庭ではなかなか食器を洗う時間が取れないことや、邪魔されて洗えないというケースでも対応可能です。

食洗機があれば、セットをしておくだけで食器をきれいにしてくれますし、除菌機能もついていますので、お子さんにとっても安全な食器を使えますので、必要性はかなり高いはずです。

反面で一人暮らしをしていたり、夫婦で暮らしているといった時には、わざわざ使わなくても手で洗った方が早いと考える人も多いかもしれません。

ですが、最近の食洗機には少ない食器ほど省エネや節水で洗ってくれる機能もついており、非常に便利に利用できるのです。

しかも食洗機の場合は洗うだけではなく、乾燥や除菌まで行ってくれますので、いつでも清潔に食器が使えるというメリットがあります。




高熱費に着目すると

どうしても食洗機には費用面でのコストが高くつくというイメージがあるかもしれませんが、最新のものではそうでもありません。

実際に食洗機を利用するのと手洗いをするのと比較すると、利用する水量にも大きな違いがあり、実は手洗いの方が高くついてしまうくらいです。

ですので、光熱費を下げたいというのなら食洗機を導入した方がお得だと言えるでしょう。

食器洗浄機の活用方法

食洗機の必要性がわかったところで、次は活用方法を書いてみましょう。

まず基本的なことですが、食洗機を利用する時にはどこから水が噴射して、洗い流してくれるのかを考える必要があります。

大抵は下の部分から噴射されて食器が洗ってくれますので、効率を考えるとやや下向きにしてセットすると良いでしょう。

またお皿などをならべる場合は重ならないようにしてください。ある程度の汚れがあるものは事前にサッと洗い流しておくと、後々の手入れをする時に手間を省くことができます。

またできるだけ食材の残りや魚の骨なども取り除いてから利用すると良いでしょう。

特にご飯茶碗にお米がついて固まっている場合は、食洗機では落としきれいことがあり、仕上げの乾燥でお米がカチカチに固まったまま茶碗に付着していることがあります。

なんでも完全にきれいになるわけではないので、状態によっては少し手を加えてやることで解消することも多いので、ひと手間かけるとさらにきれいになるでしょう。




関連記事

ページ上部へ戻る