記事の詳細

キッチンの壁・床材とは

床材や壁材というのは、見た目に大きく影響をするものです。

特にキッチンに関しては、様々な作業を行う場所でもありますので、見た目だけではなく機能性という面でもしっかりと対応していなければなりません。

ここではキッチンに最適な壁や床材について考えていきましょう。

基本的にキッチンという場所は料理をする場所のため、火を使い、油を使い、調味料を使うため、ともて汚れやすく、さらには湿気もたまりやすいです。

ですので、機能性という面で考えれば、汚れ、熱、水、傷に強くて掃除がしやすい壁材や床材を選択する必要があると言えます。

住宅の中でも特に設備にとっては、使用頻度も高く環境が厳しい場所であるので、その点は十分に考慮しておかなければいけません。




フローリングについて

近年ではキッチンとダイニングやリビングがオープンになっている間取りが多くなっており、空間としての統一感を演出するために、キッチンの床材にもフローリングを用いるケースが増えました。

しかし、フローリングそのものにも良し悪しといった面がありますので、いくつか代表的な素材を紹介していきましょう。

フローリングの中でも代表的なものが複合フローリングと呼ばれるものです。

床材として良く使われているものであり、合板の表面に化粧材と呼ばれる面を貼りあわせて作られています。

キッチンの床材としても多く使われており、化粧材や表面加工などの違いで耐水性や耐汚性、耐傷性などに違いが出てくるそうです。

また近年ではデザイン性にも富んだものが多く販売されるようになったことから、最も良く使われているタイプだと言って良いでしょう。

ただし、フローリングの中でもムク材と呼ばれる単層タイプのものは、素材の風合いなどに関しては良いのですが、水が染み込みやすいなどのデメリットもあります。

全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

クッションフロアについて

キッチン周りの床材として良くみられるものにクッションフロアと呼ばれるものがあります。

塩化ビニールを用いた床材であり、耐水性だけではなく、耐汚性にも優れているのが特長です。

クッションフロアと名がつくだけあって、適度な弾力性もあり食器を落としたとしても割れにくく、足腰が疲れにくいという特長を持っています。

近年では抗菌や消臭機能がついたタイプもあり、リフォームの時には好まれる素材だと言えるでしょう。

タイルについて

壁材としてはタイルなどが良く使われています

耐久性や耐水性が高いこともあるのですが、色やデザインなども豊富なのが特長です。

様々な種類のものが販売されており、タイルのつなぎ目となる目地の部分もこったデザインにすることができるので、良く用いられていると言えます。

最近では素朴なぬくもりがある、テラコッタタイルが人気です。またタイルとキッチンパネルを併用するパターンも最近では人気となり多くみられるようになりました。

部屋全体に統一感を持たせるなら、リビングと同様の床材を使用するのもありになります。

ただしフローリングの場合は油などの汚れがつきやすく、傷がつきやすいというデメリットがあります。

キッチンマットなどをひいて対応する方法がありますが、フローリングにあうキッチンマットを探す必要がでてきます。

機能性と費用の面で優れているのが、クッションフロアとなります。人によっては少し安っぽく感じる点がデメリットといえるかもしれません。

しかし現在は多種多様なクッションフロアがあるため、しっかり選べばリビングとのバランスを崩すことのないパターンを選ぶことも可能です。




関連記事

ページ上部へ戻る