トイレの収納

一般的な家庭においてトイレは、そうそう広いスペースを確保している場所ではありません。

しかしトイレットペーパー・清掃用具などかさばるものが意外と多いのです。そのためトイレの収納に困っているという人も多いはずです。

また一人暮らし用の住宅の場合は、ユニットバスが一般的でトイレとお風呂が共用のスペースになっていることもあり、十分な収納スペースを確保するのは難しいと言わざるを得ません。

トイレは置いておかないと困るものが多い場所でもあるので、収納1つとってもセンスが問われると言っても良いでしょう。

このページではトイレにおいて最適な収納とはどういったものかを考えていきます。

上手な収納

上手な収納というのはトイレに限った話ではありません。

どこの部屋にも当てはまるのですが、最適な収納というのは限られたスペースをいかに上手く使うかがポイントになってきます。

トイレの収納というと、床にラックなどを置いて対処したり、備え付けの棚などにトイレットペーパーなどを収納していく形が一般的ではないでしょうか。

そもそものスペースが狭いトイレというスペースでは、納得のいく収納をしきれないのが現実です。

そこで利用すべきポイントとしては壁を上手く使うというものです。トイレのスペースを平面で見るのではなく立体的に活用するのです。




立体的に活用

壁を使うといっても賃貸物件なら傷をつけてしまうと、退去時に修繕費用を請求されるかもしれませんので釘などを使うことはできません。

そこでトイレの狭いスペースを逆に利用してみると良いでしょう。

トイレの壁から壁までの長さをはかっておいて、突っ張り棒などを二本渡します。その上に網棚などをのせるだけで立派なラックが完成するのです。

場合によっては100円均一のショップで買えるものだけでも、トイレのデッドスペースを活かした収納を作ることができるでしょう。

近年ではDIYなども流行っていますので、工具を用意するのも簡単になりました。

手作りのラックを用意するメリットとしては、自分の好きなデザインで造作できるところでしょう。一軒家に住んでいる人ですと、壁に釘を使っても問題ありませんのでより本格的に収納を作ることができるはずです。

ちなみにですが、壁部分にフックをかけるようにして、そこにかごをひっかけて収納を作るといったこともできます。木製のかごを使うことでお洒落な雰囲気を演出することができるでしょう。

トイレリフォーム

リフォームなどで最初からトイレの収納を考え直す場合でも、トイレの上方などデッドスペースになりがちな部分を上手く使うと良いでしょう。

またコーナーラックなどを使って自然と収納が配置できるようにしておくと、小さなお子さんや高齢者のいる家庭でも対応できるはずです。

収納を作るだけではなく、使う人や使う場所も考えて配置しておくことも最適な収納には必要なことだと言えるでしょう。

ただし地震でものが落ちてくるような危険な方法は避けるべきですので、この点は留意して創作してみて下さい。