記事の詳細

マイホームを建てる際の依頼先は、ハウスメーカー、工務店、設計事務所(建築家)の3つに大別されます。

そしてそれぞれに特徴があり、3つの中でもさらに無数に分かれているのが現状です。

建設会社によっては予算などの都合で、合板・ビニールクロスなどの化学物質を使用した素材を多用することもあり、これによりシックハウス症候群や化学物質過敏症など引き起こす原因となってしまうのです。

シックハウス症候群のリスク

シックハウス症候群のリスク

「シックハウス症候群」とは、家が原因となっていろいろな症状が現われることです。

新築したばかりの家やリフォームしたばかりの家に入ると気分が悪くなる、だるい、のどや鼻の奥が痛い、目がチカチカする、咳が出るなどの症状が出て、体調が悪くなるなどといった症状を引き起こす比較的新しい症状となります。

家族の中でも、家にいる時間が長い主婦や幼児の発症率が高い傾向にあります。

アレルギーの一種であり、特に幼児の場合には抵抗力が弱いということもあり「シックハウス症候群」を引き起こす発症要因となりえるのです。




見えない化学物質

家の中には、壁や床に使われている材料や塗料、接着剤などに含まれてる化学物質や有機溶剤が存在しています。

それらは、もちろん人間に危害を加えるために使用されているわけではなく、材料の強度を強めたり、害虫を寄せ付けないためなどに使われています。

それが気体となって、呼吸を通して人間の体内に取り込まれ、さまざまな症状を引き起こしているのです。

かつては問題にならない量だと考えられていたのですが、住宅の機能性が向上し、気密性が高まったことが誘因となり空気の出入りが遮断される環境下で、結果、部屋の中に化学物質が充満するようになったというわけです。

マイホームを建てる際には、化学物質をなるべく使用しないようにすればいいのですが、それでは建築コストが高くなってしまいます。

そこでハウスシックをできるだけ予防するために、おすすめしたい設計方法についてご紹介します。

まず家の土台や柱、梁などの構造材にはお金をかけます。

次に面積の広い壁や床、天井から優先順位をつけて化学物質を使用しない素材を選びます。

家の中で広い面積を占める内装材に、安全なものを選ぶことによって、かなりの量と種類の化学物質を削減する効果を期待することができます。

またマイホーム設計の際には、シックハウス症候群対策として24時間換気システムを導入されることをおすすめします。

換気システムのフィルターの清掃など定期的に維持管理を行い、スイッチは常に入りの状態にしておくことによってかなりの量と種類の化学物質を減らすことができます。

最近では、シックハウス対策を謳うハウスメーカも増加傾向にありますので、「シックハウス症候群」の直接的な原因が「家」となるリスクは減少しているといえるかもしれません。

しかし「シックハウス症候群」を引き起こす原因は建設資材だけではないのです。

実は新調したじゅうたん・カーテンなどといった家具、日常で使う化粧品、香水などいったものも化学物質の発生源となるめ、何が「シックハウス症候群」の原因かを特定するのは実はむずかしいことなのです。




国土交通省『シックハウス対策パンフレット』

化学物質

国土交通省『シックハウス対策パンフレット』によれば下記の対策が有効とされていますので、是非参考にしてみては如何でしょうか?

なお説明内容はわかりやすく噛み砕いて記載してみました。

実は新築した家だけが原因ではなったかも・・・という方もいるかもしれませんね。まずは家の中で気をつけるべきこと、実行すべき事例から見ていきましょう。

室内の換気はこんなところに気をつけましょう!

  1. 24時間換気システムを常に運転状態にしておく。
  2. 新築やリフォームを行った後は、換気や通風をまねに行う。発散された室内の化学物質を室内に残さないように気をつける。
  3. サマーシーズンは化学物質の発散が増加するため、室内が著しく高温高湿となる場合(温度28℃、相対湿度50%超が目安)は窓を空けてよく換気しましょう。
  4. 換気を行うときは、空気の流れをよくするため複数の窓を開けて、十分な換気をおこないましょう。
  5. 空気洗浄機、エアコン、換気扇などはこまめに清掃を行いクリーナ状態を保っておきましょう。

化学物質の発生源はこんなところに気をつけましょう!

次に具体的にどういったものがシックハウス症候群を引き起こす原因となりうる化学物質の発生源なのかをみていきましょう。

日常生活で普通に使用していたもやこんな物までもといったものいったものが紹介されています。

  1. 新調した家具、カーテン、じゅうたんなど。
  2. 家具や床に塗るワックス類など。
  3. 防虫剤、芳香剤、消臭剤、洗剤など。
  4. 化粧品、香水、整髪料など。
  5. 室内で喫煙はなるべくしない。
  6. 開放型ストーブ、排気を室内に出す暖房器具(ファンヒーター等)はNG。排気を外部に出すもの(FF式ストーブ等)など室内空気の汚染が少ない暖房器具はOK。

全国どこでも無料見積に対応。

大手の注文住宅メーカーが多数登録、簡単に注文住宅の見積比較ができて便利。

関連記事

ページ上部へ戻る