マイホームであれ、賃貸物件であれ、浴室にはこだわりたいという方も多いことでしょう。

清潔に保たれ使い勝手も良い浴室であれば、一日の疲れを癒やす大切な空間となります。

しかし浴室は毎回使用するたびに大量の水を使いますので、住宅の中でも最も傷みやすく、老朽化が早いスペースなのです。

そして老朽化が進み、不具合が発生すればリフォームを検討することになります。

では浴室を快適な空間とするためにはどのように設計すればよいのでしょうか?

ここでは浴室のリフォームにおいて、おさえておきたいポイントをご紹介します。

設備を決める

浴室の設備

浴室をリフォームする際に、まず決めておきたいのが設備です。

特にお風呂好きの方にとっては、設備ひとつで快適性が大きく変わるといっても過言ではありません。

どのような浴室にしたいのか、まずは設備を知るところから始めましょう。

浴槽

浴槽には「和式」と「洋式」の2種類があります。

座ったときに方まで浸かれるよう、深い浴槽となっているのが「和式」で、足を伸ばすことができるように浅く広く作られているのが「洋式」となります。

設置スペースの関係もありますが、新しいマンションやアパートでは「洋式」の割合が高くなっています。

また、素材についてもFRP(繊維強化プラスチック)、ステンレス、ホーロー、人工大理石などが使用されます。

とことん「和」を追求したいという方にはヒノキを始めとした木製とすることもできます。

浴室の設備の中でも浴槽は主要なポイントとなりますので、素材や重量、スペースなどを考慮して、ベストなものを選ぶよう心がけましょう。

壁・床・天井

ユニットバスは素材や規格が限られますが、在来工法で素材を選べる場合は、汚れづらく掃除がしやすい素材を選ぶことがポイントとなります。

素材にはタイル、ステンレス、木製などがありますが、家の立地や間取りなどによって、風通しが悪かったり、湿気が溜まりやすい場所に浴室がある場合は、耐水性や速乾性が高い素材を選ぶことをおすすめします。

出入り口

浴室の出入り口は大きく分けて、引き戸、折り戸、開き戸の3種類があります。

素材はガラス、樹脂系、木製などが主流となります。

しかし木製とする場合は、湿気を含むと木の劣化が早まるため、湿気が溜まりやすくない場所にある浴室に設置することをおすすめします。

追い炊き機能

一度沸かしたお風呂が覚めてしまった場合でも、すぐに沸かし直すことができる追い炊き機能。

賃貸物件でも浴室の追い炊き機能を売りにしているものを多く見かけることができます。

しかし、追い炊き機能が搭載されていない風呂釜に追い炊き機能を付けたいときは風呂釜の交換が必要となり、費用は高くなります。

寒い冬などに欲しくなる機能ですが、その他の設備との予算の兼ね合いも考える必要があるでしょう。

浴室内乾燥機

追い炊き機能とともに、最新の物件で増えているのが浴室内乾燥機です。

洗濯物を干す場所が限られる場合にうれしい機能で、最近では暖房ミストサウナを搭載しているものもあります。

この設備は、換気扇の代わりに取り付けることができますので、新たに換気扇を設置する必要があるときは、これらの付加機能が付いた設備とすることもできます。

電気工事も新たに必要がありますが、老後のヒートショック対策も兼ね、暖房乾燥機を設置するのも悪い選択肢ではないでしょう。







工法を決める

設置したい設備がある程度決まったら、次に改修の方法を検討します。

浴室のリフォームは原則として全面改修が必要となりますが、改修方法として「在来工法」か「ユニット工法」の2通りから選ぶことができます。

自由に設計できる在来工法

在来工法は、ユニットバスが普及しはじめるまで一般的だった工法で、基本的にはモルタルとタイルで仕上げます。

ユニット工法と比較して工事日数や工事費は高くなりますが、物件の状況に合わせたカスタマイズが自由自在となり、自分好みの浴室に仕立てることが可能となります。

戸建て住宅でこだわりの浴室にしたい、という方には在来工法でリフォームされることをおすすめします。

施工の質に差が出にくいユニット工法

ユニット工法は、簡単に言ってしまうと、ユニットバスを組み立てて設置する方法です。

浴槽、床、壁、天井がすべて一体化されている構造のため、施工者の質による品質差が出にくく、高い防水性が確保できることが大きな特徴となります。

また基本的に完成したものを取り付けるだけなので、工事期間が短く済み、コストも抑えることが可能です。

施工後もカビが発生しづらく掃除もしやすいため、メンテナンスも楽に置くなうことができる反面、在来工法と比較して狭くなることが多く、浴室のスペースによってはユニットバスを設置することができないこともあります。

設置費以外の諸費用も忘れずに

在来工法による工事費は広さや業者によって異なりますが、ユニット工法の場合は標準的なユニットバスで70万円ほどの費用がかかります。

これは材料費と工事費込みの費用となりますが、それまで使用していた浴室の解体費や廃材の処分費は含まれません

一般的には古いユニットバスの撤去は10万円程度、戸建てで浴槽のほかタイルなどの処分が必要な場合は15万円以上の費用がかかります。

新しく設置するだけでなく、古いものを解体したり処分するときの費用も忘れないように心がけておきましょう。

業者選びのポイント

業者選びのポイント

設備と工法を決めたあとは、いよいよ次は施工業者選びとなります。

ポイントとしては、施主の意見を採り入れつつも、プロの目から冷静に判断してくれる業者をおすすめします。

施主の要望を全面的に採り入れる業者もいるかもしれませんが、実際は無理があることを隠して施主の要望どおりに施工し、後々トラブルとなる、ということもありえないことではありません。

ですので、プロの目から見て「無理なものは無理」とはっきり言うことができ、最善の提案が行える業者を選ぶことがポイントとなります。

ユニットバスへのリフォームを検討しているときは、商品知識が豊富で不明点などにもスムーズな回答が得られるため、ユニットバスメーカーと提携している業者に依頼するという方法もあります。

またいずれの工法でも、業者側から特定のメーカーを強引に薦めてきたり、依頼していないのに自宅まで訪問してくる業者は避けた方が無難です。

500万円未満の工事は建設許可が不要

ここで一点注意しておきたいのが、工事費用が500万円未満となる場合は建設許可が不要ということです。

これは何を指しているかというと、500万円未満のリフォームを請け負う業者の中には建設業の許可を得ていなかったり、工事の保険に加入していない業者なども含まれます。

特に浴室のリフォームの場合は500万円未満の予算となることは珍しくないため、工事費の安さにつられてこれらの業者に工事を依頼してしまうことも少なくありません。

会社の規模で決まるものではなく、これらの業者すべてが悪質というわけではありませんが、見積もり総額が500万円未満になる場合は業者選びに厳しい眼が必要となります。







便利な一括見積サイト

上記のように、工事費が安いというのは家計的にはとても助かるものですが、金額だけで決めてしまうのは賢明な判断とは言えません。

とはいえ、複数の業者に見積もりを取って比較するというのも骨が折れるものです。

そこでおすすめしたいのが、一括見積サイトに工事見積りを依頼するという方法です。

サイトに登録されている業者は施工実績が豊富で信頼性も高く、一社ずつ条件を伝えて見積もりを取るという手間を省くことができます。

浴室のリフォームをするときに

残念なことに、リフォームに関しては優良業者ばかりではなく悪徳業者というものが存在します。

会社の規模や信頼性を確認する意味でも、まずは一括見積サイトのご利用をおすすめします。