いつかはマイホームを・・・。多くの方が夢見るマイホーム・・・

しかし本当にマイホームを持つことは、メリットばかりでデメリットはないのでしょうか?

このページでは、マイホームを所有するデメリットについて考察していきます。




購入資金

値引き

まず一つ目のデメリットに購入するのに多額の資金が必要になる点があげられます。

大抵の方は住宅ローンを利用しますが、住宅ローンは借金です。

極端な話をすれば、消費者金融で借り入れしたお金も住宅ローンを組んだお金も同じ借金なのです。

それも数千万円単位で借り入れすると考えるとすこし不安や恐怖を感じてもおかしくはありません。

また賃貸で借りる場合でも、家賃を払い続ける点では一緒と言えます。仮に毎月10万円の家賃を30年払い続けるとトータル3,600万円になりますので、支払い総額ではどちらも数千万円単位になります。

ただ賃貸の場合は、そのときの経済状況に応じて安い家賃のところに移り住むことができるため、支払額の調整ができる点が異なります。

維持管理費

マイホームを購入後に思った以上に維持管理がかかることに気付くでしょう。

税金関連では毎年かかる固定資産税・都市計画税、また庭がある家では植栽の手入れなどが必要になります。

また経年劣化による外壁の補修工事、浴室・キッチン・トイレなど水周りの設備の交換、給湯設備の交換など補修に高額な費用がかかるものが数多くあります。

そして高齢になればバリアフリーのリフォーム工事が必要になるかもしれません。

これらの費用は必要なときに急な出費として処理するのではなく、修繕費用として積み立てをしていないと家計のバランスを大きく崩す原因となります。







移住が困難、資産価値の低下

持ち家の場合、何か不都合が起きた場合でも容易に引っ越すことが困難になります。

例えば

  1. 隣がゴミ屋敷になってしまい悪臭で困っている
  2. 隣が空き家になってしまい不審者が出入りしている
  3. 隣に高層マンションができてまったく日当たりがなくなった

など引っ越す理由に値することは数多くあります。

賃貸住宅であればすぐに引越しの手配をするような状況でも、持ち家の場合はそうはいきません。

仮に引越した場合は、家賃と住宅ローンを同時に支払わなくてはなりません。

賃貸に出すことも可能でしょうが、引っ越す理由がある物件に入居者を探すことは困難なのは明白です。

つまり経済的に同時支払いができない場合は、我慢して住み続けなくてはならないのです。

また売却を考えた場合も賃貸同様に、訳あり物件に買主を見つけるのは困難で、仮に見つかってたとしてもかなりの値引きをしないと売却できないでしょう。

つまり大きな不都合が起きた場合は、日常生活に影響を与えるだけではなく、資産価値にも悪影響を与えるのです。

空き家になるリスク

将来こどもが独り立ちをして家をでることになり、親御さんも他界された場合、この家に住む人はいなくなります。

都心でさえ空き家問題があるような状況ですので、地域によっては売ることもできない、貸すこともできないといったお荷物物件になってします可能性があります。

この費用をを負担するのは、この家を相続されるお子さんになります。

空き家対策特別措置法の施行により、空き家として放置しておけば固定資産税が優遇されていた時代は終わりました。

特定空き家に認定されると、固定資産税の優遇がなくなり今までの6倍程度納税をしなくてはならないのです。

マイホームを所有するリスク

マイホームを所有するリスクをまとめると下記になります。

当然マイホームを所有するメリットもあるため、両方を天秤にかけて自分の経済状況、家庭環境などを分析してマイホーム購入に踏み切るかどうかを判断することが重要です。

  1. 多額の住宅ローンを支払うリスク
  2. 維持管理費(修繕費用・固定資産税など)がかかる
  3. 移住が困難、資産価値の低下
  4. 空き家になるリスク