記事の詳細

マイホームの設計を考える上で、特に主婦の方が注力されるのがキッチンではないでしょうか?

どのキッチンメーカーにするのか?からはじまり、機能性やデザイン性、そして予算を加味して自分好みのキッチンを選んでいくと思います。

そして多くの方はが、デザイン性や機能性にばかり目がいってしまうのではないでしょうか?

そしてキッチンを選ぶ際にショウルームに赴き、実際にキッチンの前に立ってみて、料理を作るシュミレーションをして、自分が調理するのに最適な高さを把握される方はどらくらいいらっしゃるでしょうか?

日常台所に立たれている方であれば、キッチンの高さが自分にあっていないことがどれだけ負担になるかはおわかりだと思います。

高さが合わないキッチンでの作業は腰痛の原因にもなりますし、大きなストレスにもなります。

そのため、自分にあったキッチンの高さを知ることはとても重要なのです。

ここでは自分に適したキッチンの高さについて考察していきますので、あなたのキッチン選びの参考なるものがあれば是非活用下さい。




キッチンの高さは?

キッチンのメリット

一般的にキッチンの高さは80cm、85cm、90cm、95cmとJIS規格で記されています。

あとはキッチンメーカーにより、2.5cm刻みのものがあったり、中には1mm刻みのキッチンもあります。

代表的なキッチンメーカーの高さを調査してみましたので、参照下さい。

LIXIL(リクシル) リシェルSIは80cm、82.5cm、85cm、87.5cm、90cmの2.5cm刻みで高さを選ぶことができます。リシェルPLAT、アレスタ、シエラは80cm、85cm、90cmの5cm刻みです。
クリナップ クリンレディ、ラクエラは80cm、85cm、90cmの5cm刻みで、コルティは85cmのみです。
TOTO ザ・クラッソ、ミッテは80cm、85cm、90cmの5cm刻みです。
パナソニック Lクラスキッチンは80~90cmの間で、1mm単位で調整が可能です。リフォムス、ラクシーナは80cm、85cm、90cmの5cm刻みです。
タカラスタンダード 全シリーズ82cm、85cm、90cmの中か選択可能。
トクラス(ヤマハ ビービー、ベリーは85cmが標準ですが、80cm、90cmへの変更が可能。
ノーリツ 80cm、82.5cm、85cm、87.5cm、90cmの2.5cm刻みで高さを選ぶことができます。
トーヨーキッチン INOは85cm、90cm、95cmとCORE、BAYは85cm、90cmの5cm刻みです。

このようにメーカーによって取扱が異なりますが、基本的には80~95cmで販売されています。







キッチンの高さを選ぶ基準

次に自分にあうキッチンの高さはどのように決定すればよいでしょうか?

キッチンの高さを選ぶ基準として下記の式が一般的に用いられています。

キッチンの高さ=身長÷2+5 cm

しかし人によって足の長さも違えば、ちょうどよいと感じる高さも異なるため、可能な限りショールームに出向いて自分にあった高さを実物で確認することをお勧めします。

また一般的になサイズは5cm刻みですが、キッチンの高さにこだわりがある方は2.5cm単位のLIXILまたはノーリツ、1mm単位で調整可能なパナソニックの中から先にメーカーを選んで、そこからキッチンを選択するのも良い方法でしょう。

キッチンの高さが合わないと?

キッチンのデメリット

キッチンの高さがあわないことで、腰痛に悩まされることがあります。

実際に私が帰省したときに実家の母の高さにマッチしたキッチンで作業すると、ほんの5分もしないうちに腰が辛くなります。これはキッチンの高さが私には少し低いのが原因です。

おそらく私と同じような経験をされた方も少なくはないでしょう。

高さにこだわり持ってと書きましたが、私が調査したところ1mm単位で調整できるのはパナソニックのキッチンだけでした。しかしこのキッチンは上級モデルのため予算に限りがある方には適していないことになってしまいます。

そこでジャストな高さが難しい場合は、少し高めor低めのどちらを選択すればよいでしょうか?

答えは、高めのものを買うことが一般的に推奨されています。

理由は以外にも単純で、自分のポジションの高さを調整できるからなのです。つまりキッチン自体の高さは固定になっていますから、使う人のポジションを変化させれば良いわけです。

具体的には、スリッパやサンダルを履く、キッチンマットを敷くといった単純なことでかなり高さ調整ができてしまうのです。

実際にキッチンに立つとわかるのですが、腰が痛くなるのは大抵低いキッチンが多いのではないでしょうか?多少高いキッチンではそこまで腰痛を感じることは私的には少ない印象があります。

最後にもう一点注意したいことがあります。

それは加齢により、作業するポジションが変化するということです。

例えば若い世代の方は、10年20年経っても対して変化はないでしょうが、50~60代の方はそうではありません。

10年経てば、腰も曲がりますし、姿勢も変わってきます。そうなれば適したキッチンの高さも変わってきてしまうのです。

キッチンを新たに新設する場合、加齢による作業ポジションの変化についても考慮する必要があるのです。

この場合、年齢と共にポジションは下がっていきますので、少し高めではなく可能な限りピッタリなサイズが望ましくなります。

キッチンは毎日使い、長期間使う大事な相棒です。そんな大切な相棒選びですから、しっかりと実物を見て使うイメージを持って選ぶことが大切ではないでしょうか?

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。







関連記事

ページ上部へ戻る