記事の詳細

家の新築や浴室のリフォームを考えたときに、検討する人が多いのが「浴室乾燥機」です。

浴室乾燥機の機能を簡単に説明すると「浴室そのものを乾燥室」に変えることができる装置のことです。

しかし、この便利そうな浴室乾燥機をいざ設置してみたはいいが「思い描いていた機能」と違ったとギャップに戸惑うことも少なくありません。

何にでも当てはまるのかもしれませんが、浴室乾燥機も機能や特徴をきちんと理解しないまま設置してしまうと、結局は使わずに無駄になってしまうことも考えられるのです。

せっかく浴室乾燥機を設置したのに使わなくなってしまうのでは、ともてもったいないことです。

ですから浴室乾燥機の機能をしっかり理解してから導入を検討することをお勧めします。

なお浴室乾燥機にはさまざまな特徴があります。そしてこの特徴を知れば、浴室乾燥機のメリットとデメリットが見えてきます。

しかしこのメリットとデメリットは家庭環境によっても捉え方が異なってくることがありますので注意が必要です。

決して安い買い物ではないからこそ、自分の生活スタイルには本当に必要なのかを見極めて設置したいですよね。

このページでは、浴室乾燥機とはどのようなものなのか、メリットとデメリットなどについて分かりやすく説明していきます。




浴室乾燥機とは

浴室乾燥機

まず浴室乾燥機とは、温かい空気を発生させる装置です。

浴室内を温めたり、乾燥させたりする目的で使われます。

また浴室の悩みで多い「黒カビ」の発生を遅らせる効果もあるので、掃除の手間が減るメリットもあります。

自宅が乾燥室に早変わり

家事の中で最も厄介なもののひとつに衣類の乾燥があげられます。

花粉の時期や天気が悪くて部屋干しをするけど、すぐに乾かない上に見た目も悪い

さらに部屋が湿気臭くなったり、衣類に生乾きの嫌な匂いが残るのも悩みのタネとなります。

そんなときこそ、浴室乾燥機にお任せとなります。温風を出して温めるので、外に干せないときも洗濯物がすっきり乾きます。

部活などで毎日着替えがいるお子さんのスポーツウエアやユニフォームの乾燥にも、一役買ってくれます。

温度差が引き起こす健康被害の予防にも

また冬場の浴室では気をつけなくてはならないことがあります。

ヒートショックという現象をご存じですか?

寒い脱衣所・風呂場に入り、そこから急に熱い湯に浸かることで体には急激な温度変化が起こります。

すると血圧が上下に大きく変動して、失神や心筋梗塞、脳梗塞を引き起こしたり、意識を失って溺れてしまうケースもあるとても危険な健康被害です。

ヒートショックは高齢者に多いと言われていますが、若い方にも起こり得るのです。

このヒートショックを予防するには、あらかじめ浴室や脱衣所を温めておいて、お湯との寒暖差を少なくする必要があるのですが、浴室乾燥機ならスイッチ一つで温めておくことができるため最適な設備となるのす。

このように浴室乾燥機にはさまざまな用途があるので、世の中では「あったら便利な設備」として、ファミリー層を中心に人気があるのです。







稼働方法が違う

一口に浴室乾燥機といっても、実は運転方法が異なります。

浴室乾燥機には電気式とガス式があり、それぞれ特徴も異なるのです。

では電気式、ガス式の特徴を見ていきましょう。

電気式とは

電気式の浴室乾燥機は、電気を使って本体内部のヒーターを稼働させることで温風を作り出します。

簡単に言えば、ドライヤーに似た仕組みです。

ガス式に比べるとパワーやランニングコストは落ちますが、初期の設置費用などは安くおさえられます。

ガス式とは

ガス式の浴室乾燥機は、ガスを使って熱を作る給湯器のような設備を設置することで使えます。

通常の給湯器とは異なり、専用の熱源機で温めたお湯を循環させることで温風を作り出します。

ガスなので、電気に比べてパワーがあり、ランニングコストも低く抑えられるメリットがあります。

浴室乾燥機の設置方法

浴室乾燥機の設置方法は、大きく分けて2種類です。

一つは天井型、もう一つは壁掛け型です。

どちらも後付けも可能なタイプがあります。

オススメはしっかり温風が降り注ぐ天井型ですが、浴室のスタイルによっては、天井型が難しい場合もあります。

必ず施工をする業者と相談してから、購入を決めることが大切です。

設置する費用はどのくらい?

電気式の場合

室内にひかれている換気扇の電気配線を利用して設置します。

工事そのものはとても簡単なので設置費用は大幅に安く済みます。

工事費は一般的に6万~10万円ほどです。

ガス式の場合

電気式に比べて、ガス式は設置に必要な専用の給湯器と回路の引き込み工事を行ので大がかりです。

ランニングコストは安いですが、設置費用が20万~100万円とやや高額です。

電気式浴室乾燥機の電気代は?

以前に比べると、導入費用も安くなっていたり、機能も良くなっているため、浴室乾燥機を設置しているご家庭も増えてきています。

それでも設置に踏み切れない理由に「使用料金」があるのではないでしょうか。

またどのぐらいのランニングコストがかかるか分からないため、導入に踏み切れないというご家庭も多いようです。

では、実際にどれくらいの費用がかかるのかを調査しましたので、参考にしてみて下さい。

乾燥に掛かる金額は?

浴室乾燥機の消費電力が1250ワットの場合、3時間使用すると約101円の電気料金がかかります。

仮にコインランドリーで乾燥させた場合は乾燥のみなら平均的なサイズである15kgで100円(約7分)ですが、しっかり乾くまで30分はかかりますので約400円。

さらにコインランドリーまでの往復の手間を考慮すれば、浴室乾燥機の方が金額的にも手間的にもお得となります。

なおこのペースで浴室乾燥機を毎日使うと、ひと月3,037円、年間36,956円となります。(1kWhあたり27円で計算しています)

安く効率的に使うなら?

年間間で考えると結構な金額になってしまいますので、なんとかコストダウンできないかと考えてみました。

電気プランにもよりますが、電力が夜に安くなるプランなら夜に浴室乾燥機を使うことでかなり費用削減につながります。

その他、扇風機を併用することで時短したり、湿気をなるべく少ない状態にするために浴槽に水をためておかないといったことも効果があります。

また最近、電力自由化となりましたので、生活パターンに適したプランを有する電力会社を選ぶことも有効となります。

ガス式浴室乾燥機の使用量は?

LPガスと電気を使用したガス式の場合、1時間使用して約60円です。

毎日1時間使用した場合、ひと月1,800円、年間にすると21,600円です。(ガス料金16円/kWh、電気代25.6円/kWh、60分使用、年間181時間使用で計算した場合)

安く効率的に使うなら?

契約しているガス会社で設置してもらうと、工事費の割引やガス代の値引きの可能性もありです。

電気式よりガス式は温風が強力なので、電気式に比べると乾燥時間の短縮も可能です。

つまりランニング費用は電気式よりもお安くなります。







浴室乾燥機のクチコミ

では実際に浴室乾燥機を使用されている方のレビューをご紹介します。

<あつみさん・富山県・49才・女性>

同居を目的としたリフォームで、浴室乾燥機を設置しました。

姑は心臓が悪いので、かねてより浴室乾燥機を所望していました。

ただネックになるのが、電気代でした。

しガス式ならそれほど電気代もかからないというアドバイスを受け、ガス式の浴室乾燥機を設置しました。

冬場のヒヤッとした浴室がとてもイヤでしたが、今は浴室乾燥機でポカポカです。

ヒートショックの心配も少なくなりましたし、姑も大満足、家族も安心です。

また黒カビが発生しなくなったのも、浴室乾燥機のおかげですね。とても快適に入浴時間を楽しめるようになりました。

<つくつくさん・神奈川県・39才・女性>

新築を考えたときに、浴室乾燥機へのあこがれがあったので主人と相談しました。

主人は「そんなのいらないだろ」の一点張りでしたが、浴室の暖房以外にも洗濯物が早くしっかり乾くメリットを推して、設置しました。

週末は草野球をしている旦那。

野球ウエアは意外と布状が厚いので、室内干しにすると生乾きが多いのがネックでした。でもコインランドリーだと縮むので使えず。

しかし今はそんなこともありません。私よりも主人が浴室乾燥機を愛用しているくらいです。

我が家は子どもが柔道をしているので、乾きにくい柔道着も浴室乾燥機をONにして一晩干しておけば、翌日の練習にはすっきり着られると喜んでいます。

設置して良かった家電の一つです。

<川本さん・東京都・45才・男性>

通信販売で見つけた浴室乾燥機。

どんな浴室でも設置ができる、浴室が温かくて快適といううたい文句だったので購入。

確かに浴室は快適ですが、翌月の電気代に目が飛び出るほど驚きました。設置するときのメリットしか見ておらず、いざ使ってみると電気消費の激しさに落胆。

目先の利益に飛びつかず、きちんと確認をするべきだったと後悔しています。

浴室乾燥機はいる?いらない?

浴室乾燥機がどのような設備か、どのような機能があるのかご理解いただけたでしょうか?

レビューを見ると、実際に浴室乾燥機を使ってみて肯定的な意見も多いようですが、電気代にびっくりといった否定的意見もあります。

こうならないためにも、浴室乾燥機の機能にプラスして、ランニングコストまで考慮することが大切です。

またどの浴室乾燥機にするかを選ぶときも、各メーカーの展示を見ることも大切ですが、必ず施工してくれる業者のアドバイスを受けることもお忘れなく。

せっかく買ったのに使わないといったことがないように、浴室乾燥機のメリットとデメリットをしっかりと理解した上で、購入しましょう。







関連記事

ページ上部へ戻る