記事の詳細

住宅を建てる際には多くのコストがかかってしまう…それは避けられないことでしょう。

しっかりと安心して生活を送り続けるため、と考えれば仕方ないと考えている方も多いかと思います。

ですが、近年ではこれまでは考えられなかったほどに低いコストで建てることのできる「ローコスト住宅」が登場し、人気を集めています。

そこで、ここではそんなローコスト住宅の特徴やメリット、デメリット、そして住宅を建てる際のポイントなどについてもご紹介してみたいと思います。

あなたの住宅を建てる際の選択肢の一つに「ローコスト住宅」を加えることができるのかを考えてみましょう。




ローコスト住宅ってどんなもの?どうして安いの?

ローコスト住宅

近年ではテレビCMなどでも驚くほど低いコストで住宅を建てることができることを売りにしているハウスメーカーが多くなってきています。

かつて標準的な40坪ほどの住宅を建てるためには最低でも2000万円はかかっていましたが、近年では1000万円以下で建てることもできるようになっているのです。

これがここでご紹介する「ローコスト住宅」と呼ばれるものです。

ではどうしてこれほどまでに低いコストで住宅を建てることができるのでしょうか?その理由についてチェックしてみましょう。

まず最初に押さえておきたいのが材料費です。

材料費を抑えるための方法はそれぞれのメーカーによって異なっていますが、一般的には独自のルートで材料を調達していたり、住宅の設計をある程度制限し、同じ材料を大量に仕入れることによって単価を抑えるといった方法が一般的です。

このように材料の調達方法によってコストを削減するというスタイルですので、材料の品質が低いというわけではありません。

また人件費や広告費などをカットすることによってコストを削減しているハウスメーカーや工務店も少なくありません。

モデルハウスなどを作れば、それだけ宣伝効果はありますが当然維持費もかなりかかってしまいます。そしてテレビCMを過剰に打つと、それによって得られる宣伝効果よりもコストの方が高くなってしまうことになるでしょう。

この他にも、営業のスタイルを単純化するといった方法によって人件費をカットすることも可能です。

こういった工夫によって人件費・広告費などを削減し、それを住宅の価格に反映するといったハウスメーカーも多いようです。

この他にも間取りや設備などもできるだけ簡略化してしまえばそれだけコストは低くなります。また、設備を自社で一貫して製造することによってコストをカットしているというケースもあります。







ローコスト住宅のメリットとは?

ローコスト住宅メリット

ではこういったローコスト住宅を選ぶことのメリットとしてはどんな点が挙げられるのでしょう?

まず最初に挙げられる点は、住宅を建てる際の子押すとを低く抑えることができるという点です。

新築で家を建てたいが予算に不安がある…という方も多いでしょう。特に近年では長引いた不況の影響もあり、所得が増えないことからマイホームを諦めてしまったという方も多いかもしれません。

こういった悩みを抱えている方であっても、ローコスト住宅という選択肢を選ぶことによって憧れのマイホームを現実のものにできるかもしれません。

また選択肢がかなり広くなっているという点もメリットの一つです。タマホームなどのローコスト住宅メーカーが人気を集めたことによって、さまざまなハウスメーカーがこのジャンルの住宅を展開するようになっています。

ですので、住宅選びの際の選択肢がかなり広くなるのです。これも近年のローコスト住宅の持つ大きなメリットです。

住宅を建てるためのコストをカットできることから、土地や外構、そして内部の設備にこだわることができるという点も見逃せないメリットでしょう。

同じ予算であってもローコスト住宅をチョイスすることによって、より良い立地にマイホームを持つことができるかもしれません。

また設備は快適な生活を送るためにとても大切なポイントになります。それだけ設備にお金をかけることができれば、さらにあなたにとって理想的な住まいにすることができるかもしれません。

またローコスト住宅の多くはシンプルなデザインのものが多い傾向にあります。このデザインに魅力を感じる方も少なくないようです。

凝ったデザインの住宅も魅力的なものではありますが、シンプルなものの方が飽きずに長く暮らし続ける家となるとも言えるのです。

ローコスト住宅のデメリットは?

ローコスト住宅デメリット

このようにローコスト住宅には多くのメリットがある一方で、デメリットも決して少なくありません。

これからローコスト住宅の購入を考えている方は、このデメリットにもしっかりと目を向ける必要があります。

ローコスト住宅のデメリットとしてまず最初に挙げられるのがデザインや部屋のレイアウトの選択肢が少ないという点です。

ローコスト住宅の多くはできるだけコストを削減するために、レイアウトなどの変更ができないケースがほとんどです。

もちろん多くの方にマッチするようにシンプルなレイアウトが採用されていますが、当然全ての方が満足できるとは限りません。

人によって生活スタイルや、家族構成は異なっていますので、あなたが満足することのできる住宅が用意されているとは限らないのです。

また基本性能がそれほど高くないという点もデメリットとして挙げざるを得ません。

もちろん住宅としての最低限の基準はクリアしていますが、やはり気密性や断熱性能といった点では、一般的な住宅よりも優れているというケースはあまりないようです。そのため、人によっては不満を感じることになるかもしれません。

一部の設備などであれば、あとで変更することも可能ですが、基本性能については簡単に改善することはできません。なので、この点は頭にしっかりと入れた上でチェックするようにしましょう。

ローコスト系のハウスメーカーの場合、コスト削減のためにモデルハウスなどがほとんど用意されていないケースもあります。そのため、実際に家が建つまでは雰囲気がわからないという点もデメリットでしょう。

家が完成した後になって「やっぱり思っていたものと違う」なんてことになったら後悔してもしきれません。

このようにローコスト住宅には多くのデメリットもありますのでチェックしておきましょう。







ローコスト住宅を建てる際のポイントは?

ではローコスト住宅を建てる際にはどんなポイントをチェックすれば良いのでしょうか?

まず最初に押さえておきたいポイントが部屋のレイアウトについてです。

先ほどデメリットでもご紹介しましたがローコスト住宅の場合、部屋のレイアウトが自由に変更できなくなっているケースがほとんどです。

そこで、それぞれのハウスメーカーなどで基本設定されている住宅の部屋のレイアウトをしっかりとチェックした上で、あなたにとって理想的な生活を送ることができるのかを考える必要があるのです。

次のポイントが本体価格以外にどんな費用がかかるのかという点です。

メーカーによっては本体建設費用とは別に多くの諸経費が必要となるケースもあります。それをプラスすると決して「ローコスト住宅」とは言えないような価格となってしまうこともあります。

なので早い段階で「総額でどのくらいかかるのか」を確認しておくようにしましょう。そうすることによって、本当にあなたの予算にマッチしているのかを見極められるはずです。

またアフターサービスについてもしっかりチェックしておく必要があります。

いくらローコストであっても、安心して長期的に暮らすことができなければ意味がありません。そこで、どのようなアフターフォローが行われているのかを確認すべきでしょう。

こういったポイントを押さえてローコスト住宅を建てることができれば、より安心して暮らし続ける住宅を低コストで手に入れることができるかもしれません。

まずはローコスト住宅を扱う会社にはどういった会社があり、どういった家を建てているのかを資料でチェックすることからはじめてみては如何でしょうか?

持ち家計画資料一括請求プログラム

関連記事

ページ上部へ戻る