賃貸物件に家賃を払い続けるのはもったいない・・・

年齢的にも落ち着いてきたし、住宅ローンの支払いも問題ないから家でも・・・

両親が高齢になったし同居するなら、いっそ建て替えてしまうか・・・などさまざまな理由でマイホームの購入を考える方もいます。

一方で、

こんなに景気が悪いのに、住宅ローンなんて組めない・・・

何かあっても引っ越しできない持ち家は不要でしょ・・・などの理由で賃貸住宅に住み続ける方もいます。

こういったマイホーム派と賃貸派での論争は昔から語り続けられています。

このページではマイホームに焦点をあてて、マイホームを所有するメリットについて考察していきたいと思います。




マイホームは資産、よって質も重要

子供部屋風水

まず1つ目のメリットとして、マイホームは売却することができる資産であることがあげられます。

またマイナス金利の導入の影響もあり、現在は超低金利で住宅ローンを組むことが可能です。

そのため賃貸物件の家賃とマイホームの住宅ローンの支払額を比較すると、住宅ローンの支払いの方が安く済むケースが多々あります。

このようなケースの場合、毎月の負担も少ない上に、資産にもなる持ち家のメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

またこの資産を売却して将来の住み替えの費用に充当したり、または賃貸に出すことで家賃収入を生むことも可能です。

そしてローンの支払が完了すれば、老後の収入が少なくなった時に住宅費が最小限におさえられる点も忘れてはならない大きなメリットの1つと言えるでしょう。







マイホームは遺産

メリットの2つ目として、家族に遺産として残せるということがあげられます。

住宅ローンを利用してマイホームを購入する場合、ほとんどの住宅ローンで団体信用生命保険に加入することになります。

この団体信用生命保険に加入すれば、ローンの契約者に万が一のことがあった場合でも残りの返済は保険金で支払われて遺族の所有になります。

遺族はその不動産を売却してもいいですし、継続して住み続けることも可能です。

つまりもし自分に万が一のことがあった場合でもきちんと家族に資産として残せるのです。

設計の自由度

3つ目のメリットとして考えられるのが、住宅の広さや品質に関してです。

賃貸住宅の場合、半分以上が単身向けにつくられていて、ファミリー向け物件でも2DK程度が中心です。

もし今後家族が増えて3DK以上が欲しくなったとしても賃貸住宅では選択肢が限られてしまいます。

また手狭になるたびに引越しをするわけにもいきませんし、収納が足りなくなったときにもレンタルボックスなどを借りる必要があり無駄な出費につながりかねません。

さらに最近ではセキュリティーの強化や老後のことを考えてバリアフリーを導入するといった高品質の住宅を求める方も増えています。

このような条件を満たす住宅を探す上でも、賃貸住宅では見つけることは困難となります。

やはりマイホームの方が多様なニーズに対応して建てることができるため優位になるのです。

またリフォームやリノベーションをしたい場合、賃貸住宅では勝手に工事することはできないため、自由度の面でもマイホームに軍配があがります。

マイホームを所有するメリット

マイホームを所有するメリットはまとめると下記になります。

当然メリットだけで判断するのではなく、マイホームを所有するデメリットもありますので、あわせて比較することが重要です。

  1. マイホームは資産となる。
  2. 毎月の支払いを家賃よりも安く抑えることも可能
  3. 住宅ローンを組むときに団体信用保険に加入すればいざという時にも安心
  4. 売却・賃貸への転用が可能
  5. リフォームが必要なときに、自由にリフォームすることができる。