記事の詳細

都市ガスと比較して簡単に設置することができるプロパンガス。

日本におけるガス供給方法は、都市ガスとプロパンガス2とおりとなりますが、導入できる地域が異なり、引っ越しの際に確認しておかなければならない条件のひとつです。

一般的には月々のコストは都市ガスに比べて高価となるケースが多いプロパンガスですが・・・

都市ガスは契約ガス会社が固定されるという点に対して、プロパンガスは原則として住んでいる地域への配送に対応している業者は、どことでも契約することができます。

ここでは、プロパンガスと都市ガスとの違いやプロパンガス料金を節約できる、おすすめのウェブサイトをご紹介します。

都市ガスとプロパンガスの違い

都市ガスとプロパンガスの違い

まず初めに、都市ガスとプロパンガスの違いですが、原料が異なることに加え供給方法も異なります。

都市ガスは、地中にあるガス導管を通して各家庭にガスを供給していますが、プロパンガスは各家庭の屋外にガスボンベを設置しなければなりません。

都市ガスは、各家庭に一斉に供給することができるため料金が安いことに加え、災害時なども供給が自動的にストップするなど、安全性にも優れています。

一方、プロパンガスはガスボンベ交換の手間が必要となるため料金が高くなる傾向がある反面で、ガス供給システムが各家庭内で完結されているため、災害時からの復旧も速やかに行うことができるというメリットがあります。

都市ガスとプロパンガスの料金の違い

では実際に都市ガスとプロパンガスのガス代はどのくらい違うのでしょうか?

まず都市ガスの全国平均を見てみると、基本料金が約900円、従量単価が約300円となります。

これを20m3のガスを1か月使用した場合のガス代は、

{(900(円)+300(円))×20(m3)}×消費税=7,452円となります。

一方プロパンガスの全国平均値は、基本料金が約2,000円で従量単価が約500円となり、同じ条件で1か月のガス代を計算すると、

{(2000(円)+500(円))×20(m3)}×消費税=12,960円となります。

このように、一か月のガス代だけでも、約1.7倍の価格差が生じています。

プロパンガスはなぜ高いのか

上の数字をご覧になって、「プロパンガスは高い!」と思われた方も多いかと思います。

ではなぜプロパンガスは高くなってしまうのでしょうか?

その最も大きな理由が、都市ガスよりも人件費がかかっているということが挙げられます。

都市ガスは保守作業の手間がかからず、各家庭を訪問する際もメーターの検針など簡単なもので済みます。

しかしプロパンガスの場合は各家庭にガスボンベが設置され、ボンベ内のガスがなくなったときは、各家庭にボンベを運び込んだり点検しなければなりません。

この人件費が都市ガスよりも多いため、料金が高くなります。

また基本的に都市ガスは公共的な設備のため公共料金となることに対し、プロパンガスは住んでいる地域に複数の供給会社が存在しているケースが多く、価格も供給会社が自由に設定することができます。

このため原料価格や為替の影響により価格の変動も頻繁に発生します。

そして、ガス設備の設置費用はガス業者持ちとなるケースがほとんどですが、毎月の請求に少しずつ上乗せしている業者も存在しています。

プロパンガス代は公共料金ではない

上でも簡単に述べましたが、都市ガスは公共料金となりますが、プロパンガス代は公共料金ではありません。

都市ガス世帯からプロパンガス世帯に引っ越した方は公共料金と勘違いし、業者が不当な料金を上乗せしても、それが不当とは気づかずに料金を毎月支払っている、というケースもあります。

もしこれからプロパンガス世帯に引っ越す予定があるようなら、面倒くさがらずに利用できるガス業者と料金をあらかじめ調べておいても、損をすることはないでしょう。

プロパンガスの料金は自由化されている

プロパンガスの料金は自由化

都市ガスは2017年から自由化が始まり契約先を選ぶことができますが、実はプロパンガスはすでに自由化が実施され、業者を自分で選ぶことができます。

つまり、月々の料金を比較し、最も安い業者と契約することができるのです。

生活を変えることなく契約するガス会社を変えるだけで月々2,000円以上も安くなることもあります。

公共料金と勘違いし、毎月高いと思いながらも料金を払っているというのは、もったいないことでもあります。

料金面だけでなくサービス面で不安がある方も、以下でご紹介するコツをふまえて、契約する会社を検討することをおすすめします。

プロパンガス会社を変更するメリット

プロパンガス業者を変更する最大のメリットは、何といってもガス料金を節約できることにあります。

先に述べたように、業者によって月々2,000円近くの差があるというのは、それだけの値幅があるということです。

例えば関東の場合、1m3あたりの単価が約250円で仕入れているにもかかわらず500円以上で販売するということも珍しいことではありません。

利益率でいえば300円で販売しても充分経営は成り立つはずが、高利益販売体質が当たり前となってしまっていることも事実です。

ガス業者を選ぶ際の注意点

とはいえ、一般の方にとっては業者の利益率を知るすべなどなく、どの業者にすればいいのかわからない、ということも多いはずです。

ガス料金を安くできるなら早く切り替えたいと思うかもしれませんが、安易に切り替えてしまうと、次のようなトラブルを招く恐れがあります。

契約をめぐるトラブル

まずプロパンガス業界の慣習として、ガス設備の設置は無料で行うと見せかけ、その費用は月々の支払いに上乗せされることがあります。

中には契約年数を定め、業者を変更した場合、残金や違約金の支払いが必要となるケースもあります。

ガス設備があらかじめ設置されている家庭ではこのようなことは起こりにくいですが、契約内容をしっかり理解する必要があります。

ガス業者と契約する際、設備が貸付となる契約となっていないか、貸付契約の場合の設備費の支払いはどのように定められているのかを、契約時に確認しておくことが大切です。

配管の所有権をめぐるトラブル

プロパンガス設備を設置する際、配管類はガス会社持ちとなることが多いのですが、ガス会社を切り替えようとすると、元の業者からガス配管の所有権を主張され、高額な金額が請求されるというケースがあります。

しかしこれは独占禁止法に抵触し、業者による配管の所有権は認められません。

ガス配管の所有権は原則として家主のものとなりますので、所有権を主張されたり、買い取りを要求されたときは、毅然とした対応を取るよう注意しましょう。

プロパンガス料金を比較

プロパンガス料金を比較

これらのトラブルを未然に回避するためには、比較サイトを利用することが有効です。

例えば全国20,000社以上のガス会社の中から適正な会社を紹介してくれるウェブサイトがあります。それがエネピです。

エネピは料金だけでなく、会社の信頼性や保安体制を含めたサービス内容から厳選し、お住まいの地域で利用できる加盟企業を探すことができます。

他のガス料金比較会社は、料金面だけだったり、その企業とつながりのある企業が1社だけ紹介されるということがありますが、エネピは中立な立場で複数の選択肢が紹介されます。

しかも、現在利用しているガス会社の解約手続きもエネピと新ガス会社が代行するため、手間やトラブルなくガス会社を切り替えることができます。

安くて良いものを

このようにプロパンガス業者は自由に選べること、契約を切り替える際にエネピという便利なサイトがあるということがおわかりいただけたと思います。

エネピはウェブサイトでも無料見積もりを依頼することができますので、いまのガス代が気になるという方は、ぜひエネピのホームページをチェックしてみてはいかがでしょうか?

プロパンガス料金を比較して、賢く節約しよう!



関連記事

ページ上部へ戻る