リフォームって何?

リフォーム

そもそもリフォームとは何なのでしょうか?

よく見聞きするリフォームですが、その意味について正しく理解している人はそこまで多くないかもしれません。

リフォームというのは、老朽化したものを新築のような綺麗な状態に戻していくことを差します。

英語でのリフォームという言葉の意味を考えるとわかりやすいでしょう。英語でのリフォームは、悪い状態のものを改良するという意味合いを持っています。

建物を全体ではなく、建物の部分的な改良をする場合にもリフォームという言葉が使われています。

基本的には建物において現状よりもより良いものとするのがリフォームと考えておけばいいでしょう。

リフォームをする際に気をつけること

リフォームをする際に気をつけておきたいのが、ご近所への挨拶です。

というのも、戸建てにしてもマンションにしてもリフォームするとなるとそれなりの騒音があるものです。「これくらいの音なら大丈夫」と思っていても受け取り方は人それぞれです。

リフォームがきかけでご近所トラブルになって住みにくくなってしまっては元も子もありません。事前に挨拶をしておきましょう。

またリフォームにはまとまったお金がかかるものです。資金計画も大切です。

住まいを購入したときと同じようにしっかりとした資金計画を立てておきましょう。

無料一括見積もりで提案をかんたん比較!



リフォーム

無料でリフォーム施工店に一括で見積もり依頼!平均で三社以上ご紹介。かんたんに提案と費用を比較できる!?

業者の選び方

業者の選び方で悩む人も多いでしょうが、基本は自分の目で見て確かめることです。

もちろん口コミや評判を検索し、そういったものを参考にしていくことも大切なのですが、人と人との関わりである以上は相性があります。

実際に、自分の足で出向いてそのときの対応などを見て判断していきましょう。

リフォーム料金や自分の希望がどこまで反映されるのかといったひとつひとつのポイントに絞って見ていくのではなく、総合的な判断をしていくように心がけましょう。

見積もりを取るポイント

そして、リフォームのする際に重要な見積もりについてです。見積もりは、複数の業者を比較していくようにしましょう。

最近はインターネット上で一括比較できるようなサイトもありますので、そういったものを活用していくと簡単に比較することができるでしょう。

見積もりを複数の業者で取っておくことによって、料金の比較ができるだけではなく業者との交渉の材料にもすることができるのです。

リフォームにおいて複数の業者で迷うことがあれば、まずは見積もりをお願いしておきましょう。

全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

リフォーム・リノベーション

  • リノベーションのデメリットを超える3つのメリット

    注目されるリノベーション リノベーションをすることを前提に、中古マンションを購入する方が増加しています。 エコ意識の高まりと技術の進歩により、中古マンションをリノベーションをして住むことが注目されているのです。これまでの日本では、住宅はスクラップアンドビルドが基本でした。 …

  • 中古マンションと資産価値をリノベーションで再生

    増加するマンションのリノベーション 中古マンションを購入し、リノベーションを行う若い方が増加しています。 特に自分に合った家に住みたい方がリノベーションを選択することが多く、家を住む人に合わせられると人気となっています。 リノベーションの工事では、一旦室内を全て取り壊すスケ…

  • 中古戸建のリノベーションのデメリットは自分の経験則で克服。

    リノベーションと言う新たな手法 中古戸建を安く購入してリノベーションをして住むというのは、今、比較的新しい方法としてでてきたものです。 中古戸建の中には、中古の住宅が建っているだけで、古屋付の土地という扱いとなり、その時の建物は除却費が必要なだけのものという扱いのものもありま…

  • リノベーションで中古戸建を再生する

    自由な暮らし マイホームには住宅ローンがつきものです。30歳までに購入しても、借り入れ期間を35年に設定すれば、支払が終わるのは65歳になってしまします。 人生の働き盛りの期間ほとんどを住宅ローンに縛られることになります。それでも以前はマイホーム神話が生きていたので、苦労も幸…

  • 和室に合う天井材について

    和室の部屋をリフォームする時には、その天井材をどうするかが重要です。 和室だけに天井材の選択を間違ってしまうと、どうしても雰囲気があわなくなってしまう可能性があり、センスが問われる場面であると言って良いでしょう。 そこで和室に合う天井材について考えていきます。 和室のリ…

ページ上部へ戻る