記事の詳細

注目されるリノベーション

リノベーションをすることを前提に、中古マンションを購入する方が増加しています。

エコ意識の高まりと技術の進歩により、中古マンションをリノベーションをして住むことが注目されているのです。これまでの日本では、住宅はスクラップアンドビルドが基本でした。

地震大国として知られる日本では、新築の住宅がもてはやされていたのです。

しかし、スクラップアンドビルドは、有限である資源を無駄にするデメリットがあります。近年のエコ意識の高まりと伴に、スクラップアンドビルドは非常にもったいないと考える方が増加しています。

また建築の技術の進歩は目覚ましいものがあります。老朽化した住宅でも再生できる技術も開発されており、今や古い住宅は危ないという見方が当てはまらなくなっています。







リノベーションのメリット

そのような背景にあって人気となっているリノベーションには、大きく3つのメリットがあります。

1つ目のメリットが、何と言っても間取りやインテリアなどを自由に決めることができる点です。

新築マンションでは、間取りやインテリアなどの自由度はほとんどありません。そのため人がマンションに合わせた生活を送る必要があります。

場合によっては衣服や食器などの所有物を捨てる必要があるほか、些細な部分に不満があっても我慢しなければなりません。

しかし、リノベーションでは、全てのことを自分好みにすることができます。衣服や食器の数に合わせた収納や、生活に合った間取り、好みのインテリアにできるのは、リノベーションならではの特徴です。

2つ目のメリットが、費用を抑えることができる点にあります。

新築マンションの購入費用の中には、広告代や営業マンの人件費、モデルルームの設置費用などが含まれています。

しかし中古マンションを購入する際には、それらの費用が一切含まれていません。

また中古マンションの購入費用にリノベーション施工代金を合わせても、新築マンションの7割から8割に抑えることができます。

そのため自分に合った住宅を購入できるにも関わらず、より安い費用で済むことができるのです。経済的にも非常に満足できるのは、大きな魅力です。

3つ目のメリットが、資産価値を上げることができる点にあります。

現在日本は、中古不動産の流通の活発化に力を入れています。リノベーションをした場合には、その分だけ資産価値がきちんと上がるように通達を出しているのです。

そのためもし売却することになった場合には、中古マンション購入時よりも資産価値を考慮した高い価格で売却することが可能です。

マンションをリノベーションをする際には、玄関ドアやPS管、バルコニーなどは手が付けられないデメリットもあります。

しかし設計でどのようにも工夫をすることができるため、安い費用で自分好みの資産価値のある住宅にすることができます。

  1. 建築技術の向上により古い建物でも安全な建物へ再生できる。
  2. 設計の自由度。特にマンションでは困難な間取りの変更を自由設計が可能に。
  3. 中古物件とリノベーション費用を合計しても新築物件の7~8割で完結。
  4. 資産価値が高める。リノベーション費用を考慮した分が資産価値にプラス。
  5. 空き家問題の解決に貢献。

関連記事

ページ上部へ戻る