記事の詳細

増加するマンションのリノベーション

中古マンションを購入し、リノベーションを行う若い方が増加しています。
特に自分に合った家に住みたい方がリノベーションを選択することが多く、家を住む人に合わせられると人気となっています。
リノベーションの工事では、一旦室内を全て取り壊すスケルトン工事が一般的です。
このスケルトン工事により、間取りを含めた室内の全てを自分好みに変更することができます。
また、衣服や食器の数に合わせた収納を作ることができるほか、家族構成や生活様式に合わせて間取りを作ることができます。
中古マンションを購入しリノベーションすることは、自分好みの室内にできるほかにも、2つの魅力的なメリットがあります。

住宅取得費用

1つ目のメリットが、住宅を取得するのにかかる費用を大幅に抑えることができる点です。
中古マンションを購入しリノベーションをするためには、購入費用と施工代金の2つの費用が発生します。
一見高くなるような気がしますが、2つの費用を足し合わせた金額は新築マンションよりも安くなることが一般的です。

ポイント

おおよそ新築マンションの7割から8割に抑えることができると言われており、工夫によってはさらに費用を抑えることが可能です。
新築マンションでは、購入直後より大幅に資産価値が下落することが一般的ですが、中古マンションでは既に下落してしまっているため、これ以上大幅には資産価値は下落しません。
その上リノベーションにより資産価値が上乗せされるため、新築マンションよりも資産価値のふり幅が少なく、資産価値の下落幅が小さい中古マンションは非常に魅力的となっています。

立地の優位性

2つ目のメリットが、立地の良いマンションに住める可能性が高いことです。マンションに住むことが一般的になってから、マンションは建設ラッシュが続きました。
そのため現在ではマンション用の土地が減少しており、最近新規で建てられるマンションは立地が比較的悪いところが多い傾向にあります。

それに対し中古マンションは、まだマンション用の土地が余っている時代に建てられているため、立地の良い場所に建っていることが多いのです。
立地は不動産にとって非常に重要な要素となります。立地の良いマンションは、築年数に関わらず資産価値の評価が高いものです。
こういった好立地にある中古マンションは利便性のあまりよくない新築マンションよりも、資産価値で比較してみてもまったく見劣りすることはないのです。

ポイント

中古マンションを購入しリノベーションをすることは、価格、立地という資産価値に多く影響を与える2つの理由を兼ね備えることが可能なのです。
また日々の技術の進歩により、マンションの寿命が伸ばすことができるようになっています。
長い目で見れば確実に資産の目減りがすくないリノベーション中古マンションに、人気を集まるのは当然のことなのかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る