記事の詳細

毎日使う給湯器、『ある日突然使えなくなった』という話をよく耳にしますが、実は給湯器は故障する前に前兆があります。

買い替えよりも修理費用が安く済むと考える方は多いですが、実は新しいものへの買換えの方が安く済むことが多いのです。

そんな給湯器の知っていそうで知らない交換時期を知らせる故障の兆候や、知って得する給湯器交換の費用相場などをお伝えします!




給湯器の寿命と故障のサイン

給湯器の寿命は10年から15年

給湯器の寿命は10年から15年と言われています。家族の人数が多くお風呂などお湯を使う回数が多いと、給湯器の寿命は短くなります。

実際『お湯を使う量が他の家庭より多いか少ないか』は家族の人数やガス代・水道代を比べてみて多ければ、給湯器もたくさん使っているということになります。

しかし給湯器の使用頻度がいくら多くとも、10年は十分使えるように作られています。

給湯器が壊れる前の予兆

給湯器が突然使えなくなったということは少ないようで、故障する前に現れる前兆がいくつかあります。

お湯の温度が急に緩くなったり熱くなったりする

給湯器の故障の前兆として一番よく聞かれるのは、急なお湯の温度変化です。

温度調整を変えていないのに、緩くなったり熱湯に近い熱いお湯が出てくることもあります。

洗い物をしている時よりも、シャワーなどでこのような現象が起こりやすいです。

いつもよりお湯がぬるい気がする

給湯器は比較的冬に故障することが多いようです。

「外の温度が下がっているからお湯の温度も低くなるのか」と思い過ごしが起こりやすいのですが、給湯器の故障の前兆は温度変化に続いて、いつもより『お湯がぬるい』ということを感じることも多くあります。

給湯器から小さなボンッという音が聞こえる

故障前や寿命による不具合も含めて、通常の給湯器の運転音とは違う『ボンッ』という小さな爆発音のような音がする場合があります。

給湯器が上手にガスを燃やすことができず起こる音で、給湯器を使っている時にガスの匂いがしたりするときもあります。

その際は火災の危険もあるので、なるべく早く使用を中止しましょう。

給湯器から黒煙が出る

小さな爆発音もガスが上手に燃えていないために起こる異音ですが、その症状を放置しておくと黒煙が出ることがあります。

もちろん、火災の可能性もあるので十分な注意が必要です。

でも、お風呂に入っている時に給湯器を見ることは難しいですよね?

『給湯器の調子が悪い』と思ったら、お湯を出した状態で給湯器の確認をすることをおすすめします。

そして、黒煙でなくとも煙が出ている場合は、ガスが上手に燃えておらず、一酸化炭素が発生してしまうケースがあります。

一酸化炭素は無臭のため、気づかず中毒症状を起こして最悪の場合死に至ることもあります。(煙には要注意です!)




給湯器交換費用の目安

給湯器の小売希望価格と販売価格の相場

給湯器の価格もピンキリです。

追い炊き機能や給湯するパワー、省エネを意識したエコジョーズなどの商品を選ぶかによって変わります。

更に暖房機能の有無で値段は高額になっていきます。

給湯器のメーカー小売価格

ミニマム給湯器

給湯器とリモコンがついた一番ベーシックなもので、18万円ほどが相場です。

高いものでも20万円ほどで給湯器の交換が可能です。

省エネ給湯器

給湯器とリモコンが付いているシンプルなもので、省エネ給湯器の場合32万円~40万円ほどです。

省エネ給湯器は追い焚き機能が付いているものが多く、暖房機能がついたモデルであればプラス5万円で購入できます。

販売店で交渉するのが一番安上がり

給湯器のメーカーとして有名2代メーカーはリンナイとノーリツです。メーカーは小売価格から値引きをすることは『ほんの気持ち』程度で、値引きがない場合もあります。

しかし、大手家電販売店や街の給湯器を取り扱う業者などは、問屋やストック在庫なども抱えていることから、7割以上の値引きが可能な給湯器の提案をしてくれることが多いです。

最新モデルでも旧モデルでも給湯器の機能は大きく変わらないと思われる方は、販売店や業者から購入するほうがコスパはいいと言えます。




給湯器の取付工事はいくらかかる?

給湯器の取付工事の相場は、同じ給湯器のタイプから同じ機能性の給湯器への買い替えで取付を行う場合、「給湯器のメーカーに依頼しても、「大手の家電販売店」でも、取付費用はあまり変わりません。

給湯器の取付工事は3万円から4万円が取付工事にかかる工賃の相場です。給湯器の取付工事は作業項目が多いため、これ以上安くなるケースは少ないといえます。

具体的な作業工程として、給湯器の取付工事があり、その後、給水装置の繋ぎ作業、給湯した湯を繋ぐ作業が行われます。

その後は室内作業が一旦入り、リモコンの取り替え作業を行います。そして最後にガス栓との連結作業を行い点火などのテストで作業は終了です。

取り外した給湯器の廃棄も取付業者が行うので、処分費用の心配はいりません。

全て業者にお任せできるので、取付工事費用3万円から4万円は、決して高くないと言えます。

ただ、長期間の保証がサービスで付いているのか、付いていないのかによって多少金額は変わっていきます。

この保証サービスの有無などは、作業前の見積もり書や作業工程表などに記載されているので必ず確認をしてくださいね。

給湯器修理費用の目安

給湯器の部品があれば修理可能

給湯器の部品に関して、生産終了後も部品を確保しておく決まりがメーカーにはあります。

10年以上使用した給湯器の部品の取り寄せは難しく、部品が欠品しているため修理の依頼ができないことがあります。

また、小さな部品でも高額になるケースがあります。

年数によって修理、交換の判断を

給湯器修理の依頼では、他の電化製品と違い出張点検を無償提供しているメーカーはなく、必ず出張点検費が掛かります。

出張点検費用に関しては2000円以上だと考えておく必要があり、メーカーの事業所から遠い場所への出張点検は金額が高くなってしまいます。

特に地方に住んでいる方は、自宅とメーカー事業所の場所がかなり遠い場合や、事業所自体が県外にしかない場合があります。

そのため、使用して10年以上経っている給湯器の出張点検の依頼をするのであれば、修理を考えず買換えをしてしまったほうが、効率よく、費用も抑えることができます。

無料で相談できる業者がほとんどなので、心配な方は、ぜひ無料相談サービスを利用してみましょう。




給湯器の故障を自分で直す方法

故障していないのに「給湯器の故障と勘違いをして点検依頼を出してしまう…そんな失敗談も少なくありません。

念のため、依頼前に確認することをおすすめします。

給湯器の故障ではない場合

ガスコンロが問題なく使えているかを確認してみましょう。

普段通り使えるのなら、ガスメーターの自動安全装置の誤作動かもしれません。

全てのガスの使用を中止してガス栓を閉栓したあと、ガスメーター付近でガス臭などを感じなければ、ガスメーターの「復旧ボタンを押して、3~5分時間をあけて給湯器を再度つけてみましょう。

外気温が低く給湯器が凍結し始めている場合

外気の温度により給湯器本体が凍結し始めている状態で運転し続けると故障しやすくなります。予め給湯器が凍らないように断熱材を巻くなどの対策をする必要があります。

凍結しているのにも関わらず給湯器を運転させ続けると、配管の破裂や水漏れによる漏電が起こり、修理費用が非常に高額になってしまいます。

見積時の注意点

工事費用の内訳を相場価格と比べてみましょう。

<工事費用の相場>

◯取付工事費:12000~15000円

◯給水結び:7000~9000円

◯給湯結び:7000~9000円

◯リモコン替え10000~12000円

◯ガス結び替え10000~12000円

◯その他:廃材修理費用や点火確認・出張費などが高額にならないかも確認しましょう。

給湯器の費用はアフターサービスも含めて要検討

メーカーで購入した場合はメーカー保証が付いていますが、販売業者がストックで持っているものなどはメーカー保証がなく、販売業者も保証サービスを提供していない場合があります。

保証の面でも給湯器の取付費用と同じくらい注意深く確認し、質問することが大切です。

格安で給湯器の取付をしている業者などは取付に対する保証期間などを設けていないこともあり、保証期間があっても非常に短く3ヶ月ほどしかないものもあります。

アフターサービスが充実している給湯器の取付業者は、交換をしてから10年ほどは故障やトラブルの際に強い味方になってくれます。

次回買換えの際も安心して交換できるため、長い目で給湯器の交換や取付は検討すべきだと言えます。

90%オフなど安すぎる販売業者に注意

給湯器の工事内容の見積もり書には見慣れない単語が多く出てきます。

わからないことはしっかり質問をして、納得した上で依頼をすることが失敗やトラブルを避けるコツです。

給湯器の販売業者や電化製品の量販店など、定価が同じ商品でも数万円も販売価格に差があるものがあります。

その理由は、給湯器の販売数により仕入れ値が変わるからです。

安すぎてもここまで安くできる理由があれば納得ですが、90%以上の値引きがある業者は注意が必要です。高額な追加費用を請求されたケースがあります。

基本的には30%~80%の割引が多く、施工数が多くて割引率が大きい、保障サービスを提供している業者がおすすめです。




給湯器交換で光熱費を削減

光熱費が約1割以上安くなる

給湯器も他の電化製品同様、年々省エネ化が進んでいます。エコジョーズなどの給湯器の省エネ化は従来の給湯器以上に進んでおり、年間で1割以上光熱費を下げることができます。

どうしても給湯器の交換を『1円でも安く済まさなければならない』という方以外はエコジョーズがおすすめです。

給湯器本体の値段に価格差はありますが、従来の給湯器の値段差は遅くとも1年半~2年で取り返すことができるため、その後の寿命が来るまで10万円以上の節約が可能なのです。

現在の給湯器は熱効率が向上したことにより、ガスの使用量も具体的な数字で12%ほど減らすことができています。

これは単純に『12%分のガス料金を減らすことができる』という意味なのです。

更に最近では、エコキュートのヒートポンプで沸かしたお湯を貯めて、瞬間的にお湯を作ることができるハイブリッド型の給湯器が登場しています。

キッチンなどには貯めておいた『エコキュートのお湯』、お風呂などの大量のお湯が必要な場合は『エコジョーズがサポートに入る』というハイテクな給湯器も登場しています。

暖房付きの給湯器にした場合、寒い日に素早く温めるパワーはエコジョーズが力を発揮し、適温を維持させるのにエコキュートのヒートポンプで貯えているお湯を活用するため、光熱費をさらに下げることができます。

さいごに

給湯器の買い替えはメーカーへ依頼するよりも販売店の割引率が大きく、取付工事の相場は3万円~4万円でどのメーカーも大差はないため『保証と本体の割引率』を重視して選びましょう。

10年ほど経過した給湯器の場合は、高額修理をするよりも新型給湯器に交換して光熱費をグッと抑えるという考えが最善です。

そして、この機会にガス代を「クレジットカード払い
に変更してみましょう。クレジットカードのポイントが付き、キャッシュバックポイントを数千円単位で受け取ることができます。

給湯器の交換で「快適」と「節約」のどちらも叶えることができますよ。

関連記事

ページ上部へ戻る